予報士通信講座

概要&説明料金についてお申し込み|今日の一問!!

平成19年 第28回 学科試験 一般知識 問7


下図のように水平面上の地点0から東、西、南、北の方向にそれぞれ100km離れた地点A、B、C、Dがあり、各点の風向は図のとおりであり、風速はいずれも5m/sである。また、風速は地点0で0m/s、それぞれの地点まで地点0からの距離に比例して変化している。地点0における大気のうず度の鉛直成分として最も適切な数値を、下記の(1)〜(5)の中から一つ選べ。


1.1×10-4/s
2.5×10-5/s
3.0/s
4.-5×10-5/s
5.-1×10-4/s

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加