予報士通信講座

概要&説明料金についてお申し込み|今日の一問!!

平成13年 第16回 学科試験 専門知識 問7


"下図は気温と飽和水蒸気圧の関係を模式的に示しており、霧の発生原因をA型とB型に分けるとA型は、水蒸気圧が変化せず気温が低下して飽和する型
B型は、気温が変化せず水蒸気圧が増加して飽和する型となる。
次の4種類の霧について、発生原因をA型かB型に分類したとき、下記の@〜Dの中から正しい組み合わせを一つ選べ。

盆地霧:晴れて風の弱い夜間に盆地などでみられる霧
海霧:春から夏に三陸沖や北太平洋でみられる霧
山霧:山の斜面を大気が吹き上がるときにみられる霧
川霧:冬季、川面で湯気が立つようにみられる霧
"


1.A型:盆地霧・海霧・山霧 B型:川霧
2.A型:盆地霧・川霧 B型:海霧・山霧
3.A型:盆地霧・海霧・川霧 B型:山霧
4.A型:盆地霧・海霧・川霧 B型:山霧
5.A型:海霧・山霧 B型:盆地霧・川霧

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加