予報士通信講座

概要&説明料金についてお申し込み|今日の一問!!

平成18年 第26回 学科試験 専門知識 問1


"十種雲形のいずれかの雲の特徴について述べた次の文(a)〜(d)と、該当する雲の名称との組み合わせとして正しいものを、下記の(1)〜(5)の中から一つ選べ。

(a)繊維状をした繊細な、離ればなれの雲で、白色で羽毛状、かぎ形、直線状の形となることが多い。また、絹のような光沢を持っている。

(b)灰色の層状の雲で全天を覆うことが多い。日のかさ(暈)、月のかさ(暈)現象を生じない。

(c)ほとんど一様でむらの少ない暗灰色の層状の雲で、全天を覆い雨または雪を降らせることが多い。この雲のいずれの部分も太陽を隠してしまうほど厚い。

(d)鉛直方向に著しく発達している塊状の雲で、その雲頂は山または塔の形をして立ち上がっている。雷電、強いしゅう雨、しゅう雪、ひょうおよび突風を伴うことが多い。"

1.a=巻雲  b=巻層雲 c=乱層雲 d=積雲
2.a=巻雲  b=高層雲 c=層積雲 d=積乱雲
3.a=巻層雲 b=高積雲 c=高層雲 d=積雲
4.a=巻雲  b=高層雲 c=乱層雲 d=積乱雲
5.a=巻層雲 b=乱層雲 c=高層雲 d=層積雲

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加