予報士通信講座

概要&説明料金についてお申し込み|今日の一問!!

平成20年 第31回 学科試験 一般知識 問13


"気象予報士に関して述べた次の文(a)〜(d)の正誤の組み合わせとして正しいものを,下記の(1)〜(5)の中から一つ選べ。

(a)気象庁長官は,不正な手段によって気象予報士試験を受けた者,または受けようとした者に対しては,試験の合格決定を取り消し,または試験を停止することができる。また,気象庁長官は,この処分を受けた者に対し,情状により2年以内の期間を定めて試験を受けることができないものとすることができる。

(b)気象予報士試験に合格した者は,合格発表日から2年間に限り気象予報士となる資格を有し,この間に気象庁長官に登録申請書を提出して気象予報士名簿への登録を受け,気象予報士となることができる。

(c)気象予報士が気象業務法の規定により罰金以上の刑に処せられたときには,その気象予報士の登録は抹消され,その後再び登録を受けることはできない。

(d)気象予報士は予報業務の許可を受けた者のもとで現象の予想にあたっている間を除き,5年ごとに気象予報士の登録更新手続きをする必要がある。"

1.a=正 b=正 c=誤 d=正
2.a=正 b=誤 c=正 d=誤
3.a=正 b=誤 c=誤 d=誤
4.a=誤 b=正 c=誤 d=正
5.a=誤 b=誤 c=正 d=正

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加