予報士通信講座

概要&説明料金についてお申し込み|今日の一問!!

平成16年 第22回 学科試験 専門知識 問11


"北半球の対流圏上層に現れるジェット気流について述べた次の文(a)〜(d)の正誤の組み合わせについて、下記の@〜Dの中から正しいものを一つ選べ。

(a)亜熱帯ジェット気流は、寒帯前線ジェット気流に比べて時間的・空間的に大きく変動する。

(b)冬季の日本付近や北米東岸は、平均的にみると気圧の谷が存在し南北の温度傾度が大きく、ジェット気流が著しく強まりやすいところである。

(c)気象衛星画像にみられるトランスバースライン(流れの方向にほぼ直角な走向を持つ小さな波状の上層雲で構成される雲列)は、ジェット気流に沿って出現し強風軸の低緯度側に位置することが多い。

(d)ジェット気流近傍では風の強い鉛直シヤーがあり、航空機運行の障害となる晴天乱気流がしばしば発生する。
"

1.a=正  b=誤  c=正  b=正
2.a=正  b=正  c=誤  b=誤
3.a=誤  b=誤  c=正  b=誤
4.a=誤  b=正  c=誤  b=正
5.a=誤  b=正  c=正  b=正

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加