地方天候情報

        
東日本と西日本の長期間の高温に関する全般気象情報 第2号
平成30年8月6日15時00分 気象庁発表

東日本と西日本では、7月9日頃から気温のかなり高い日が多くなっていま
す。
気温の高い状態は、8月中は続く見込みです。農作物や家畜の管理、熱中症
などの健康管理等に十分注意してください。

<概況>
東日本では、6月下旬から気温の高い状態が続いています。7月9日頃から
は、東日本に加え西日本でも高気圧に覆われて、晴れて気温のかなり高い日
が多くなっています。7月の平均気温は、北陸地方と関東甲信地方は平年差
+3.0℃、東海地方は+2.5℃、近畿地方は+2.4℃と1946年の
統計開始以来、7月としては最も高くなりました。

<今後の見通し>
今後も、東・西日本では、向こう2週間は暖かい空気に覆われやすく、気温
がかなり高くなる可能性があります。その後も8月中は気温が高く、長期間
にわたり気温の高い状態が続く見込みです。

<防災事項>
農作物や家畜の管理、熱中症などの健康管理等に十分注意してください。


<気象官署及び特別地域気象観測所> 
平均気温と最高気温と最低気温(7月9日から8月5日まで)(速報値)

         平均気温と平年差|最高気温と平年差|最低気温と平年差
 新潟‐‐‐‐‐‐ 28.2 (+3.0) 32.9 (+3.9) 24.5 (+2.4)
 名古屋‐‐‐‐‐ 30.7 (+3.6) 36.6 (+4.9) 26.6 (+2.9)
 東京‐‐‐‐‐‐ 29.1 (+3.4) 33.7 (+3.8) 25.7 (+3.3)
 広島‐‐‐‐‐‐ 30.6 (+2.8) 34.9 (+3.2) 26.7 (+2.3)
 大阪‐‐‐‐‐‐ 30.5 (+2.4) 35.5 (+3.1) 26.9 (+2.0)
 福岡‐‐‐‐‐‐ 29.9 (+2.1) 34.2 (+2.6) 26.8 (+2.0)
 高松‐‐‐‐‐‐ 30.3 (+2.6) 35.0 (+3.1) 26.4 (+2.2)

今後の気象情報等に留意してください。

この情報は、7月23日発表の「東日本と西日本の長期間の高温に関する全
般気象情報第1号」を引き継ぐものです。
  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加