地方気象情報

        
大雨と雷及び突風に関する全般気象情報 第1号
平成30年10月19日04時52分 気象庁予報部発表

20日にかけて西日本と東日本の日本海側を中心に、大気の状態が非常に不
安定となり、雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるところがある見込みで
す。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、落雷や竜巻な
どの激しい突風、降ひょうに注意してください。

[気圧配置など]
 20日にかけて、西日本と東日本の上空約5500メートルには氷点下2
1度以下の寒気が流れ込む見込みです。このため、西日本と東日本では日本
海側を中心に大気の状態が非常に不安定となるでしょう。

[防災事項]
<大雨・雷・突風>
 西日本と東日本の日本海側を中心に20日にかけて、激しい雨が降り、大
雨となるところがある見込みです。

 20日6時までの24時間に予想される雨量は、中国地方の多いところで
100ミリです。 

 大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してくだ
さい。
 また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。発達した積乱雲
が近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてく
ださい。降ひょうのおそれもありますので、農作物や農業施設の管理にも注
意してください。

[補足事項]
 地元の気象台が発表する警報や注意報、気象情報に留意してください。
 次の「大雨と雷及び突風に関する全般気象情報」は、19日17時頃発表
する予定です。
  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加