火山情報

        
令和2年6月15日15時20分 札幌管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 12日から13日にかけて現地調査を実施しました。62ー2火口内の地
熱域の拡大と火口温度の上昇を確認しました。火口周辺は火山ガスの濃度が
高い可能性があります。火口周辺には近づかないでください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲十勝岳‥‥‥‥‥ 北緯43度25.06分 東経142度41.18分 標高 2077m


<火山の活動状況等>
 12日から13日にかけて実施した現地調査では、昨年と比較して62ー
2火口内の地熱域の拡大と、火口温度の明瞭な上昇(今回約400度、20
19年6月約200度)を確認しました。
 7日から15日未明にかけて62ー2火口付近が明るく見える現象を時々
観測しています。この現象は、高感度の監視カメラによってのみ確認できる
程度の微弱なもので、高温のガス噴出や硫黄の燃焼等によるものと考えられ
ます。
 この現象に関連して火山性地震の増加や火山性微動は観測されず、地殻変
動及び空振データには特段の変化はありません。また、他の火口からの噴煙
の状況に変化はありません。
 62ー2火口では、1998年頃から2000年頃にかけて火口温度が上
昇し、火口付近が明るく見える現象が観測されました。また、2004年2
月や4月にごく小規模な噴火が発生するなど火山活動の高まりがみられまし
た。
 十勝岳では、地熱域の拡大や温度上昇等がみられており、火山体浅部にお
ける活動の活発化を示唆する現象が引き続き観測されていますので火山活動
の推移には注意が必要です。

<防災上の警戒事項等>
 活火山であることから、火口内に影響する程度の突発的な噴出現象が発生
する可能性がありますので、地元自治体などの指示に従って火口付近など危
険な地域には立ち入らないでください。
-------------------------------------------------------------

火山名 十勝岳 火山の状況に関する解説情報 第08号
令和2年6月7日23時00分 札幌管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 十勝岳62ー2火口付近で明るく見える現象を観測しました。
 火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は見られませんが、火口周辺は火山ガ
スの濃度が高い可能性があります。火口周辺には近づかないでください。


<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲十勝岳‥‥‥‥‥ 北緯43度25.06分 東経142度41.18分 標高 2077m


<火山の活動状況等>
 本日(6月7日)20時20分頃から、監視カメラで62ー2火口付近が
明るく見える現象を確認し、現在も継続しています。この現象は、高温のガ
ス噴出や硫黄の燃焼等によるものと考えられます。
 この現象の前後で、火山性地震の増加や火山性微動は観測されず、地殻変
動及び空振データには特段の変化はありませんでした。また、他の火口から
の噴煙の状況にも変化はありません。
 62ー2火口でこの現象が観測されたのは、2000年6月以来です。
 ここ数年山体浅部の膨張、噴煙高の高い状態、地震増加、火山性微動の発
生、発光現象、地熱域の拡大や温度上昇などを確認しており、十勝岳の火山
活動は高まる傾向にありますので、今後の火山活動の推移に注意してくださ
い。

<防災上の警戒事項等>
 活火山であることから、火口内に影響する程度の突発的な噴出現象が発生
する可能性がありますので、地元自治体などの指示に従って火口付近など危
険な地域には立ち入らないで下さい。
-------------------------------------------------------------

火山名 十勝岳 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第07号
令和2年3月6日16時00分 札幌管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 十勝岳では、2月27日に火山性地震が増加しましたが、3月3日以降は
少ない状態で経過しています。その他の観測データにも特段の変化はなく、
現時点では火山活動の活発化の様子は認められません。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲十勝岳‥‥‥‥‥ 北緯43度25.06分 東経142度41.18分 標高 2077m


<火山の活動状況等>
 十勝岳では、2月27日に62ー2火口付近を震源とする火山性地震が増
加し、その後も増減はあるもののやや多い状態で経過していましたが、3月
3日以降は少ない状態で経過しています。また、火山性微動も観測されてい
ません。
 噴煙の状況などに変化は認められず、火山活動に伴う地殻変動は観測され
ていません。
 これらのことにより、現時点では火山活動の活発化の様子は認められませ
ん。

 十勝岳では、長期的に噴煙の高い状態、地熱域の拡大や温度上昇が続いて
いる中、一時的に火山性地震が増加するなど、浅部の火山活動の活発化を示
す現象が観測されており、今回の活動も一連の活動と考えられます。今後も
同様な現象が発生する可能性がありますので、今後の火山活動の推移には注
意が必要です。

<防災上の警戒事項等>
 活火山であることから、火口内に影響する程度の突発的な噴出現象が発生
する可能性がありますので、地元自治体などの指示に従って火口付近など危
険な地域には立ち入らないでください。

<次回発表>
 2月27日の火山性地震の増加を受けて発表していた火山の状況に関する
解説情報(臨時)はこれで終了します。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 十勝岳 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第06号
令和2年3月2日16時00分 札幌管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 十勝岳では、火山性地震のやや多い状態が継続していますので、今後の火
山活動の推移に注意が必要です。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲十勝岳‥‥‥‥‥ 北緯43度25.06分 東経142度41.18分 標高 2077m


<火山の活動状況等>
 十勝岳では、2月27日に62ー2火口付近を震源とする火山性地震が増
加し、その後も増減はみられますが、火山性地震はやや多い状態で経過して
います。
 傾斜計では、その後特段の変化は観測されていません。
 監視カメラによる観測では、62ー2火口や振子沢噴気孔群の噴煙の状況
に特段の変化はありません。

 十勝岳では、長期的に噴煙の高い状態、地熱域の拡大や温度上昇が続き、
1月20日以降火山性地震のやや多い状態が続いている中、短時間に火山性
地震が増加する等火山活動の活発化が考えられますので、今後の火山活動の
推移に注意が必要です。

<防災上の警戒事項等>
 活火山であることから、火口内に影響する程度の突発的な噴出現象が発生
する可能性がありますので、地元自治体などの指示に従って火口付近など危
険な地域には立ち入らないでください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、6日(金)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 十勝岳 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第05号
令和2年3月1日16時00分 札幌管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 十勝岳で2月27日に火山性地震が増加しました。今後の火山活動の推移
に注意が必要です。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲十勝岳‥‥‥‥‥ 北緯43度25.06分 東経142度41.18分 標高 2077m


<火山の活動状況等>
 十勝岳では、2月27日に62ー2火口付近を震源とする火山性地震が増
加しましたが、その後は少なく経過しています。
 傾斜計で2月27日にわずかな傾斜変動が観測されましたが、その後特段
の変化は観測されていません。
 監視カメラによる観測では、62ー2火口や振子沢噴気孔群の噴煙の状況
に特段の変化はありません。
 噴煙の状況は、悪天のため不明です。

 十勝岳では、噴煙の高い状態、地熱域の拡大や温度上昇が続き、1月20
日以降火山性地震のやや多い状態が続いている中、短時間に火山性地震が増
加しました。
 火山活動の活発化が考えられますので、今後の火山活動の推移に注意が必
要です。

<防災上の警戒事項等>
 活火山であることから、火口内に影響する程度の突発的な噴出現象が発生
する可能性がありますので、地元自治体などの指示に従って火口付近など危
険な地域には立ち入らないでください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、3月2日(月)16時頃に発表の予
定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 十勝岳 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第04号
令和2年2月29日16時00分 札幌管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 十勝岳で27日に火山性地震が増加しました。今後の火山活動の推移に注
意が必要です。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲十勝岳‥‥‥‥‥ 北緯43度25.06分 東経142度41.18分 標高 2077m


<火山の活動状況等>
 十勝岳では、27日に62ー2火口付近を震源とする火山性地震が増加し
ましたが、28日以降は少なく経過しています。
 62ー2火口近傍に北海道大学が設置した前十勝西の傾斜計では、27日
にわずかな傾斜変動が観測されましたが、その後は特段の変化は観測されて
いません。

 本日(29日)実施した現地調査では、62ー2火口や振子沢噴気孔群の
噴煙等の状況に特段の変化は認められませんでした。
 火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は、1日あたり100から200トンで、
前回(昨年5月27日)と比べ変化はありませんでした。

 十勝岳では、噴煙の高い状態、地熱域の拡大や温度上昇が続き、1月20
日以降火山性地震のやや多い状態が続いている中、短時間に火山性地震が増
加しました。
 火山活動の活発化が考えられますので、今後の火山活動の推移に注意が必
要です。

<防災上の警戒事項等>
 活火山であることから、火口内に影響する程度の突発的な噴出現象が発生
する可能性がありますので、地元自治体などの指示に従って火口付近など危
険な地域には立ち入らないでください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、3月1日(日)16時頃に発表の予
定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 十勝岳 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第03号
令和2年2月28日11時00分 札幌管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 十勝岳で火山性地震が増加しました。今後の火山活動の推移に注意が必要
です。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲十勝岳‥‥‥‥‥ 北緯43度25.06分 東経142度41.18分 標高 2077m


<火山の活動状況等>
 27日16時頃から、十勝岳で62ー2火口付近を震源とする火山性地震
が増加しましたが、21時以降は少なく経過しています。
 27日の日回数は117回(速報値)となりました。
 62ー2火口近傍に北海道大学が設置した前十勝西の傾斜計では、27日
16時頃から18時頃にかけてわずかな傾斜変動が観測されましたが、その
後は特段の変化は認められません。
 噴煙の状況に特段の変化はありません。

 十勝岳では、噴煙の高い状態、地熱域の拡大や温度上昇が続き、1月20
日以降火山性地震のやや多い状態が続いている中、短時間に火山性地震が増
加しました。
 火山活動の活発化が考えられますので、今後の火山活動の推移に注意が必
要です。

<防災上の警戒事項等>
 活火山であることから、火口内に影響する程度の突発的な噴出現象が発生
する可能性がありますので、地元自治体などの指示に従って火口付近など危
険な地域には立ち入らないでください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、29日(土)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 十勝岳 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第02号
令和2年2月27日20時00分 札幌管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 十勝岳で火山性地震が増加しています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲十勝岳‥‥‥‥‥ 北緯43度25.06分 東経142度41.18分 標高 2077m


<火山の活動状況等>
 本日(27日)16時頃から、十勝岳で62ー2火口付近を震源とする火
山性地震が増加しており、20時まで100回(速報値)となっています。
日回数が100回を越えたのは、2015年5月13日以来です。
 62ー2火口近傍に北海道大学が設置した前十勝西の傾斜計では、16時
頃からわずかな傾斜変動が観測されました。
 噴煙の状況に特段変化はありません。

 十勝岳では、噴煙の高い状態、地熱域の拡大や温度上昇が続く中、1月2
0日以降火山性地震のやや多い状態が続いていることから、火山活動の活発
化が考えられますので、今後の火山活動の推移に注意が必要です。

<防災上の警戒事項等>
 活火山であることから、火口内に影響する程度の突発的な噴出現象が発生
する可能性がありますので、地元自治体などの指示に従って火口付近など危
険な地域には立ち入らないでください。

<次回発表>
 火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 十勝岳 火山の状況に関する解説情報 第01号
令和2年1月20日14時25分 札幌管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 十勝岳で一時的に火山性地震が増加し、傾斜変動を伴う火山性微動が発生
しました。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲十勝岳‥‥‥‥‥ 北緯43度25.06分 東経142度41.18分 標高 2077m


<火山の活動状況等>
 本日(20日)11時30分頃から十勝岳で62ー2火口付近を震源とす
る、振幅の小さな火山性地震が増加し、12時43分頃から約5分間の火山
性微動が観測されました。地震は13時までに56回発生(速報値)し、そ
の後は少ない状態で経過しています。
 62ー2火口近傍に北海道大学が設置した前十勝西の傾斜計では、10時
頃から13時頃にかけて傾斜変動が観測されました。
 噴煙の状況は、悪天のため不明です。

 長期的には、噴煙の高い状態、地熱域の拡大や温度上昇、地震の一時的増
加など火山活動の活発化を示す現象が観測されていますので、今後の火山活
動の推移に注意が必要です。

<防災上の警戒事項等>
 活火山であることから、火口内に影響する程度の突発的な噴出現象が発生
する可能性がありますので、地元自治体などの指示に従って火口付近など危
険な地域には立ち入らないでください。

<次回発表>
 火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加