火山情報

        
令和4年4月28日09時30分 札幌管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 十勝岳の62ー2火口付近でごく微弱な火映を観測しました。
 火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は見られませんが、火山ガスの濃度が
高くなっている可能性がありますので火口周辺では注意してください。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲十勝岳‥‥‥‥‥ 北緯43度25.06分 東経142度41.18分 標高 2077m


<火山の活動状況等>
 昨日(27日)23時15分頃から、28日0時52分頃にかけて62ー
2火口付近でごく微弱な火映を観測しました。
 62ー2火口付近でこの現象が観測されたのは、2021年8月7日以来
です。
 この現象は2020年6月以降時折発生しており、62ー2火口内での高
温の火山ガスの噴出や硫黄の燃焼等によるものと考えられます。
 この現象の前後で火山性地震の増加や火山性微動は観測されず、62ー2
火口の噴煙や地殻変動には特段の変化はありません。
 火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は見られませんが、火山ガスの濃度が
高くなっている可能性があります。

<防災上の警戒事項等>
 活火山であることから、火口内に影響する程度の突発的な噴出現象が発生
する可能性がありますので、地元自治体などの指示に従って火口付近など危
険な地域には立ち入らないでください。

<次回発表>
 火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

お知らせ

新着情報

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内