火山情報

        
平成30年4月23日16時30分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いていますが、その他の観測デー
タに特段の変化がないことから、現時点で火山活動が活発化する兆候は認め
られません。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後も多い状
態が続いていますが、3月10日以降は1日あたり200回から400回程
度で経過しています。
 火山性地震はやや多い状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過してい
ます。

 火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は、3月以降、1日あたり500から1
300トンと概ねやや少ない状態が継続しています。

 16日に実施した現地調査では、中岳第一火口内に緑色の湯だまりを確認
しました。湯だまり量は前回(3日)に引き続き中岳第一火口底の10割で、
湯だまりの表面温度は約72℃(前回3日、約68℃)と特段の変化はあ
りませんでした。
   
 中岳第一火口では、本日(23日)、噴煙は白色で火口縁上200mまで
上がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

 これらのことから、孤立型微動の多い状態が続いていますが、その他の観
測データに特段の変化がないことから、現時点で火山活動が活発化する兆候
は認められません。

 3月3日から発表していた火山の状況に関する解説情報(臨時)は、これ
で終了します。

<防災上の警戒事項等>
 火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められませんが、火口内で土砂や
火山灰が噴出する可能性があります。また、火口付近では火山ガスに注意し
てください。

<次回発表>
 火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第52号
平成30年4月22日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震はやや多い状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過してい
ます。
 4月18日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
   4月18日          83回   317回
     19日          77回   285回
     20日          66回   281回
     21日          67回   295回
     22日15時まで     40回   154回
   
 中岳第一火口では、本日(22日)、噴煙は白色で火口縁上400mまで
上がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、23日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第51号
平成30年4月21日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は概ねやや多い状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過し
ています。
 4月17日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
   4月17日          44回   304回
     18日          83回   317回
     19日          77回   285回
     20日          66回   281回
     21日15時まで     44回   192回
   
 中岳第一火口では、本日(21日)、噴煙は白色で火口縁上400mまで
上がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、22日(日)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第50号
平成30年4月20日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は概ね少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過して
います。
 4月16日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
   4月16日          26回   285回
     17日          44回   304回
     18日          83回   317回
     19日          77回   285回
     20日15時まで     47回   177回   

 中岳第一火口では、本日(20日)、噴煙は白色で火口縁上500mまで
上がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、21日(土)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第49号
平成30年4月19日16時40分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は概ね少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過して
います。
 4月15日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
   4月15日          31回   286回
     16日          26回   285回
     17日          44回   304回
     18日          83回   317回
     19日15時まで     48回   185回

 中岳第一火口では、本日(19日)、噴煙は白色で火口縁上200mまで
上がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、20日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第48号
平成30年4月18日16時20分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 4月14日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
   4月14日          26回   305回
     15日          31回   286回
     16日          26回   285回
     17日          44回   304回
     18日15時まで     45回   213回

 本日(18日)実施した現地調査の結果、火山ガス(二酸化硫黄)の放出
量は1日あたり1100トン(前回4月9日、900トン)とやや多い状態
でした。

 中岳第一火口では、本日(18日)、噴煙は白色で火口縁上300mまで
上がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、19日(木)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第47号
平成30年4月17日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。

 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。

 4月13日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
                火山性地震  孤立型微動
   4月13日          26回   306回
     14日          26回   305回
     15日          31回   286回
     16日          27回   283回
     17日15時まで     21回   174回

 昨日(16日)実施した現地調査では、中岳第一火口内に緑色の湯だまり
を確認しました。土砂噴出は確認されていません。湯だまり量は中岳第一火
口底の10割で前回(3日)から変化はありませんでした。湯だまり表面の
最高温度は約72℃(前回3日、約68℃)と特段の変化はありませんでし
た。また南側火口壁の最高温度は、約445℃(前回3日、約158℃)で
した。南側火口壁の最高温度は、噴火警戒レベルを下げた2017年2月7
日以降、約96℃から約660℃で推移しています。

 中岳第一火口では、本日(17日)、噴煙は白色で火口縁上600mまで
上がりました。
 
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、18日(水)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第46号
平成30年4月16日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 4月12日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
   4月12日          44回   384回
     13日          26回   306回
     14日          26回   305回
     15日          31回   286回
     16日15時まで     12回   162回

 中岳第一火口では、本日(16日)、噴煙は白色で火口縁上900mまで
上がりました。
 
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、17日(火)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第45号
平成30年4月15日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 4月11日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
 
                火山性地震  孤立型微動
   4月11日          34回   369回
     12日          44回   384回
     13日          26回   306回
     14日          26回   305回
     15日15時まで     21回   178回
 
 中岳第一火口では、本日(15日)、噴煙は白色で火口縁上100mまで
上がり、雲に入りました。
 
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、16日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第44号
平成30年4月14日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 4月10日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
 
                火山性地震  孤立型微動
   4月10日          34回   359回
     11日          34回   369回
     12日          44回   384回
     13日          26回   306回
     14日15時まで     12回   196回
 
 中岳第一火口では、本日(14日)、噴煙は白色で火口縁上100mまで
上がりました。
 
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、15日(日)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第43号
平成30年4月13日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 4月9日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

 
                火山性地震  孤立型微動
   4月 9日          43回   339回
     10日          34回   359回
     11日          34回   369回
     12日          44回   384回
     13日15時まで     13回   193回
 
 中岳第一火口では、本日(13日)、噴煙は白色で火口縁上100mまで
上がりました。
 
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、14日(土)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第42号
平成30年4月12日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 4月8日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

 
                火山性地震  孤立型微動
   4月 8日          31回   299回
      9日          43回   339回
     10日          34回   359回
     11日          34回   369回
     12日15時まで     24回   263回
 
 中岳第一火口では、本日(12日)、噴煙は白色で火口縁上300mまで
上がりました。
 
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、13日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第41号
平成30年4月11日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 4月7日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

 
                火山性地震  孤立型微動
   4月 7日         21回   301回
      8日         31回   299回
      9日         43回   339回
     10日         34回   359回
     11日15時まで    16回   200回
 
 中岳第一火口では、本日(11日)、噴煙は白色で火口縁上200mまで
上がり、雲に入りました。
 
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、12日(木)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第40号
平成30年4月10日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 4月6日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


                火山性地震  孤立型微動
   4月 6日         25回   324回
      7日         21回   301回
      8日         31回   299回
      9日         43回   339回
     10日15時まで    18回   226回

 中岳第一火口では、本日(10日)、噴煙は白色で火口縁上200mまで
上がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、11日(水)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第39号
平成30年4月9日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 4月5日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


                火山性地震  孤立型微動
   4月 5日         30回   302回
      6日         25回   324回
      7日         21回   301回
      8日         31回   299回
      9日15時まで    20回   206回

 本日(9日)実施した現地調査の結果、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量
は1日あたり900トン(前回4月3日、600トン)とやや少ない状態で
した。

 中岳第一火口では、本日(9日)、噴煙は白色で火口縁上200mまで上
がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、10日(火)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第38号
平成30年4月8日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 4月4日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


                火山性地震  孤立型微動
   4月 4日         34回   280回
      5日         30回   302回
      6日         25回   324回
      7日         21回   301回
      8日15時まで    18回   181回

 中岳第一火口では、本日(8日)、噴煙は白色で火口縁上300mまで上
がりました。
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、9日(月)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第37号
平成30年4月7日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 4月3日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


                火山性地震  孤立型微動
   4月 3日         35回   359回
      4日         34回   280回
      5日         30回   302回
      6日         25回   324回
      7日15時まで    16回   182回

 中岳第一火口では、本日(7日)、噴煙は白色で火口縁上100mまで上
がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、8日(日)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第36号
平成30年4月6日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 4月2日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


                火山性地震  孤立型微動
   4月 2日         17回   365回
      3日         35回   359回
      4日         34回   280回
      5日         30回   302回
      6日15時まで    20回   203回

 中岳第一火口では、本日(6日)、噴煙は白色で火口縁上100mまで上
がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、7日(土)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第35号
平成30年4月5日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 4月1日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


                火山性地震  孤立型微動
   4月 1日         26回   332回
      2日         17回   365回
      3日         35回   359回
      4日         34回   280回
      5日15時まで     8回   178回

 中岳第一火口では、本日(5日)、噴煙は白色で火口縁上200mまで上
がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、6日(金)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第34号
平成30年4月4日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 3月31日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月31日         40回   307回
    4月 1日         26回   332回
       2日         17回   365回
       3日         35回   359回
       4日15時まで    20回   180回

 昨日(3日)実施した現地調査では、中岳第一火口内に緑色の湯だまりを
確認しました。土砂噴出は観測されていません。湯だまり表面の最高温度は
約68℃(前回3月26日、約67℃)で、湯だまり量は中岳第一火口底の
10割で前回(3月26日)から変化はありません。火山ガス(二酸化硫黄)
の放出量は1日あたり600トン(前回3月26日、700トン)とやや
少ない状態でした。

 中岳第一火口では、本日(4日)、噴煙は白色で火口縁上300mまで上
がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、5日(木)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第33号
平成30年4月3日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 3月30日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月30日         17回   332回
      31日         40回   307回
    4月 1日         26回   332回
       2日         17回   365回
       3日15時まで    17回   235回

 中岳第一火口では、本日(4月3日)、噴煙は白色で火口縁上300mま
で上がりました。
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、4日(水)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第32号
平成30年4月2日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 3月29日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月29日         28回   296回
      30日         17回   332回
      31日         40回   307回
    4月 1日         26回   335回
       2日15時まで    10回   231回

 中岳第一火口では、本日(4月2日)、噴煙は白色で火口縁上400mま
で上がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、3日(火)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第31号
平成30年4月1日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、3月4日には1049回発生しました。その後、3月1
0日以降も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が
続いています。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 3月28日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月28日         18回   344回
      29日         28回   296回
      30日         17回   332回
      31日         40回   307回
    4月 1日15時まで    19回   193回

 中岳第一火口では、本日(1日)、白色の噴煙が最高で火口縁上300m
まで上がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、2日(月)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第30号
平成30年3月31日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、4日には1049回発生しました。その後、10日以降
も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が続いてい
ます。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 3月27日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月27日         45回   315回
      28日         18回   344回
      29日         28回   296回
      30日         17回   332回
      31日15時まで    22回   196回

 中岳第一火口では、本日(31日)、白色の噴煙が最高で火口縁上400
mまで上がりました。
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、4月1日(日)16時頃に発表の予
定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第29号
平成30年3月30日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、4日には1049回発生しました。その後、10日以降
も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が続いてい
ます。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 3月26日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
                火山性地震  孤立型微動
    3月26日         23回   294回
      27日         45回   315回
      28日         18回   344回
      29日         28回   296回
      30日15時まで     8回   201回

 中岳第一火口では、本日(30日)、白色の噴煙が最高で火口縁上200
mまで上がりました。
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、31日(土)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第28号
平成30年3月29日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、4日には1049回発生しました。その後、10日以降
も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が続いてい
ます。

 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 3月25日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
                火山性地震  孤立型微動
    3月25日         24回   264回
      26日         23回   294回
      27日         45回   315回
      28日         18回   344回
      29日15時まで    20回   175回

 中岳第一火口では、本日(29日)、白色の噴煙が最高で火口縁上200
mまで上がりました。
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、30日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第27号
平成30年3月28日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、4日には1049回発生しました。その後、10日以降
も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が続いてい
ます。
 
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 3月24日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月24日         21回   417回
      25日         24回   264回
      26日         23回   294回
      27日         45回   315回
      28日15時まで     9回   236回

 中岳第一火口では、本日(28日)、白色の噴煙が最高で火口縁上100
mまで上がりました。
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、29日(木)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第26号
平成30年3月27日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、4日には1049回発生しました。その後、10日以降
も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が続いてい
ます。
 
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 3月23日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月23日         13回   311回
      24日         21回   417回
      25日         24回   264回
      26日         23回   294回
      27日15時まで    31回   209回

 遠望観測では、本日(27日)、白色の噴煙が火口縁上200mまで上が
りました。
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、28日(水)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第25号
平成30年3月26日16時10分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、2月までは1日あたり50回前後発生していましたが、3
月1日以降増加し、4日には1049回発生しました。その後、10日以降
も1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が続いてい
ます。
 
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。

 3月22日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月22日         28回   259回
      23日         13回   311回
      24日         21回   417回
      25日         24回   264回
      26日15時まで    10回   169回

 本日(26日)実施した現地調査では、中岳第一火口内に緑色の湯だまり
を確認しました。土砂噴出は観測されていません。湯だまり表面の最高温度
は約67℃(前回15日、約65℃)で、湯だまり量は中岳第一火口底の1
0割で前回(15日)から変化はありません。火山ガス(二酸化硫黄)の放
出量は1日あたり700トン(前回15日、1200トン)とやや少ない状
態となっています。

 遠望観測では、本日、白色の噴煙が火口縁上100mまで上がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、27日(火)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第24号
平成30年3月25日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、これまで1日あたり50回前後発生していましたが、3月
1日以降増加し、4日には1049回発生しました。その後、10日以降も
1日あたり200回から400回程度と、依然として多い状態が続いていま
す。
 
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 3月21日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月21日         13回   265回
      22日         28回   259回
      23日         13回   311回
      24日         21回   417回
      25日15時まで    12回   175回

 遠望観測では、本日(25日)、白色の噴煙が火口縁上200mまで上が
りました。
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、26日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第23号
平成30年3月24日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、これまで1日あたり50回前後発生していましたが、3月
1日以降増加し、4日には1049回発生しました。その後、10日以降も
1日あたり200回から300回程度と、依然として多い状態が続いていま
す。
 
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 3月20日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月20日         22回   285回
      21日         13回   265回
      22日         28回   259回
      23日         13回   311回
      24日15時まで    14回   303回

 遠望観測では、本日、白色の噴煙が火口縁上400mまで上がりました。
 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、25日(日)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第22号
平成30年3月23日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 孤立型微動は、これまで1日あたり50回前後発生していましたが、3月
1日以降増加し、4日には1049回発生しました。その後、10日以降も
1日あたり200回から300回程度と、依然として多い状態が続いていま
す。
 
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。
 3月19日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月19日         10回   276回
      20日         22回   285回
      21日         13回   265回
      22日         28回   259回
      23日15時まで     8回   198回

 遠望観測では、本日、白色の噴煙が火口縁上300mまで上がりました。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、24日(土)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第21号
平成30年3月22日16時30分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、3月1日以降、孤立型微動が増加し、4日には1049回発
生しました。その後、発生回数は減少しましたが、10日以降も1日あたり
200回から300回程度発生しており、依然として多い状態が続いていま
す。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。

 3月18日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月18日         23回   212回
      19日         10回   276回
      20日         22回   285回
      21日         13回   265回
      22日15時まで    15回   159回

 本日(22日)、噴煙の状況は天候不良のため不明です。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、23日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第20号
平成30年3月21日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、3月1日以降、孤立型微動が増加し、4日には1049回発
生しました。その後、発生回数は減少しましたが、10日以降も1日あたり
200回から300回程度発生しており、依然として多い状態が続いていま
す。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。

 3月17日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月17日         16回   220回
      18日         23回   212回
      19日         10回   276回
      20日         22回   285回
      21日15時まで     8回   162回

 遠望観測では、本日(21日)、噴煙の状況は天候不良のため不明です。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、22日(木)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第19号
平成30年3月20日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、3月1日以降、孤立型微動が増加し、4日には1049回発
生しました。その後、発生回数は減少しましたが、10日以降も1日あたり
200回から300回程度発生しており、依然として多い状態が続いていま
す。
 火山性地震は少ない状態、火山性微動の振幅は小さい状態で経過していま
す。

 3月16日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
                火山性地震  孤立型微動
    3月16日         16回   278回
      17日         16回   220回
      18日         23回   212回
      19日          9回   276回
      20日15時まで    14回   169回

 遠望観測では、本日(20日)、噴煙の状況は天候不良のため不明です。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、21日(水)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第18号
平成30年3月19日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。火山性地震は、少な
い状態で経過しています。

 3月15日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月15日         42回   328回
      16日         16回   278回
      17日         16回   220回
      18日         23回   212回
      19日15時まで     5回   176回

 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。
 
 遠望観測では、本日、白色の噴煙が火口縁上200mまで上がりました。
 
 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、20日(火)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第17号
平成30年3月18日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。火山性地震は、少な
い状態で経過しています。

 3月14日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月14日         39回   348回
      15日         42回   328回
      16日         16回   278回
      17日         16回   220回
      18日15時まで    12回   112回

 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。
 
 遠望観測では、本日、白色の噴煙が火口縁上200mまで上がりました。
 
 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、19日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第16号
平成30年3月17日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いています。火山性地震は、9日
以降少なくなっています。
 3月13日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
                火山性地震  孤立型微動
    3月13日         26回   301回
      14日         39回   348回
      15日         42回   328回
      16日         16回   278回
      17日15時まで    12回   155回

 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。
 
 遠望観測では、本日、白色の噴煙が火口縁上100mまで上がりました。
 
 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、18日(日)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第15号
平成30年3月16日16時10分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の概ね多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、孤立型微動の概ね多い状態が続いています。火山性地震は、
9日以降少なくなっています。

 3月12日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。
                火山性地震  孤立型微動
    3月12日         39回   284回
      13日         26回   301回
      14日         39回   348回
      15日         42回   328回
      16日15時まで    10回   187回

 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。
 
 遠望観測では、本日、白色の噴煙が火口縁上200mまで上がりました。
 
 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、17日(土)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第14号
平成30年3月15日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の概ね多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、孤立型微動の概ね多い状態が続いています。火山性地震は、
9日以降少なくなっています。

 3月11日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月11日         23回   191回
      12日         39回   284回
      13日         26回   301回
      14日         39回   348回
      15日15時まで    26回   201回
 
 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。

 本日(15日)実施した現地調査では、中岳第一火口内に緑色の湯だまり
を確認しました。土砂噴出は観測されていません。湯だまり表面の最高温度
は約65℃(前回13日:約59℃)で、湯だまり量は前回(13日)から
変化はありませんでした。火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は1日あたり1
100トン(前回13日:800トン)とやや多い状態となっています。
 
 遠望観測では、本日、白色の噴煙が火口縁上100mまで上がりました。
 
 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、16日(金)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第13号
平成30年3月14日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の概ね多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、孤立型微動の概ね多い状態が続いています。火山性地震は、
9日以降少なくなっています。

 3月10日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月10日         25回   290回
      11日         23回   191回
      12日         39回   284回
      13日         26回   301回
      14日15時まで    21回   229回

 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。

 遠望観測では、本日、白色の噴煙が最高で火口縁上300mまで上がりま
した。

 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、15日(木)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第12号
平成30年3月13日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 本日(13日)に実施した現地調査の結果をお知らせします。
 火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は1日あたり800トンとやや少ない状
態でした。 
 阿蘇山では、孤立型微動の概ね多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 本日(13日)実施した現地調査では、中岳第一火口内に緑色の湯だまり
を確認しました。土砂噴出は観測されていません。湯だまり表面の最高温度
は約59℃(前回観測時 2018年2月20日:約52℃)で、湯だまり
量は前回(2018年2月20日)から変化はありませんでした。火山ガス
(二酸化硫黄)の放出量は1日あたり800トン(前回12日900トン)
とやや少ない状態となっています。

 阿蘇山では、孤立型微動の概ね多い状態が続いています。火山性地震は、
9日以降少なくなっています。

 3月9日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


                火山性地震  孤立型微動
    3月 9日         32回   342回
      10日         25回   290回
      11日         23回   191回
      12日         39回   284回
      13日15時まで    15回   205回
 
 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。
 
 遠望観測では、本日、白色の噴煙が最高で火口縁上200mまで上がりま
した。
 
 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、14日(水)16時00分頃に発表
の予定です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第11号
平成30年3月12日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 本日(12日)に実施した現地調査の結果をお知らせします。
 火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は1日あたり900トンとやや少ない状
態でした。
 阿蘇山では、孤立型微動の概ね多い状態が続いていますが、次第に減少し
ています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 本日(12日)に実施した現地調査の結果、火山ガス(二酸化硫黄)の放
出量は1日あたり900トン(前回6日1100トン)とやや少ない状態と
なっています。

 阿蘇山では、孤立型微動の概ね多い状態が続いていますが、次第に減少し
ています。火山性地震は、9日以降少なくなっています。

 3月8日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


                火山性地震  孤立型微動
    3月 8日         68回   513回
       9日         32回   342回
      10日         25回   290回
      11日         23回   191回
      12日15時まで    12回   160回

 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。

 遠望観測では、本日、白色の噴煙が最高で火口縁上200mまで上がりま
した。

 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

 次の火山の状況に関する解説情報は、13日(火)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第10号
平成30年3月11日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いていますが、次第に減少してい
ます。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、孤立型微動の多い状態が続いていますが、次第に減少してい
ます。火山性地震は、9日以降少なくなっています。

 3月7日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


                火山性地震  孤立型微動
    3月 7日        125回   508回
       8日         68回   513回
       9日         32回   342回
      10日         25回   290回
      11日15時まで    16回   125回

 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。

 遠望観測では、本日、白色の噴煙が最高で火口縁上100mまで上がりま
した。

 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、12日(月)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第09号
平成30年3月10日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、火山性地震及び孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、孤立型微動の回数が3月1日以降増加し、多い状態が継続し
ています。また、火山性地震の回数も多い状態で経過しており、火山活動が
やや高まっています。
 3月6日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

                火山性地震  孤立型微動
    3月 6日        174回   807回
       7日        125回   508回
       8日         68回   513回
       9日         32回   342回
10日15時まで    19回   184回
 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。
 遠望観測では、本日、白色の噴煙が最高で火口縁上200mまで上がりま
した。
 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、11日(日)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第08号
平成30年3月9日16時20分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、火山性地震及び孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、孤立型微動の回数が3月1日以降増加し、多い状態が継続し
ています。また、火山性地震の回数も多い状態で経過しており、火山活動が
やや高まっています。

 3月5日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


                火山性地震  孤立型微動
    3月 5日        158回   798回
       6日        174回   807回
       7日        125回   508回
       8日         68回   513回
       9日15時まで    24回   241回

 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。

 遠望観測では、本日(9日)は天候不良のため、噴煙は観測できませんで
した。

 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、10日(土)16時頃に発表の予定
です。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第07号
平成30年3月8日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、火山性地震及び孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、孤立型微動の回数が3月1日以降増加し、多い状態が継続し
ています。また、火山性地震の回数も多い状態で経過しており、火山活動が
やや高まっています。

 3月4日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


                火山性地震  孤立型微動
    3月 4日        209回  1049回
       5日        158回   798回
       6日        174回   807回
       7日        125回   508回
       8日15時まで    39回   338回

 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。

 遠望観測では、本日(8日)は天候不良のため、噴煙は観測できませんで
した。

 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、9日(金)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第06号
平成30年3月7日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、火山性地震及び孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、孤立型微動の回数が3月1日以降増加し、多い状態が継続し
ています。また、火山性地震の回数も多い状態で経過しており、火山活動が
やや高まっています。

 3月3日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


                火山性地震  孤立型微動
    3月 3日        295回   680回
       4日        209回  1049回
       5日        158回   800回
       6日        174回   807回
       7日15時まで    92回   368回

 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。

 遠望観測では、本日、白色の噴煙が最高で火口縁上100mまで上がりま
した。

 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、8日(木)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第05号
平成30年3月6日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 本日(6日)実施した現地調査の結果をお知らせします。
 火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は1日あたり1100トンとやや多い状
態でした。また、火山性地震及び孤立型微動の多い状態が続き、火山活動は
やや高まっています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 本日(6日)実施した現地調査の結果、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量
は1日あたり1100トン(前回4日1300トン)とやや多い状態となっ
ています。

 孤立型微動の回数が3月1日以降増加し、多い状態が継続しています。ま
た、火山性地震の回数も多い状態で経過しており、火山活動がやや高まって
います。

 3月2日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


                火山性地震  孤立型微動
    3月 2日        279回   514回
       3日        295回   680回
       4日        209回  1049回
       5日        174回   800回
       6日15時まで    94回   556回
 
 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。

 遠望観測では、本日、白色の噴煙が最高で火口縁上300mまで上がりま
した。

 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められませんが、火口内では土砂
や火山灰が噴出する可能性があります。また、火口付近では火山ガスに注意
してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、7日(水)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第04号
平成30年3月5日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、火山性地震及び孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、孤立型微動の回数が3月1日以降増加し、多い状態が継続し
ています。また、火山性地震の回数も多い状態で経過しており、火山活動が
やや高まっています。

 3月1日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


                火山性地震  孤立型微動
    3月 1日        275回   491回
       2日        279回   514回
       3日        295回   680回
       4日        209回  1049回
       5日15時まで    95回   539回

 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。

 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、6日(火)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第03号
平成30年3月4日16時00分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 本日(4日)実施した現地調査の結果をお知らせします。
 火山ガス(二酸化硫黄)の1日あたりの放出量は、1300トンとやや多
い状態でした。また、火山性地震及び孤立型微動の多い状態が続き、火山活
動はやや高まっています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 本日(4日)、気象庁機動調査班(JMA-MOT)を派遣して現地調査
を実施しました。その結果、火山ガス(二酸化硫黄)の1日あたりの放出量
は、1300トン(前回2日500トン)とやや多い状態となっています。


 孤立型微動の回数が3月1日以降増加し、1日あたり400回以上の多い
状態が続いています。また、火山性地震の回数も多い状態が続いています。


 3月1日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりです。
なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。


               火山性地震   孤立型微動
    3月1日        275回    491回
      2日        279回    514回
      3日        315回    691回
      4日15時まで   144回    633回

 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。

 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、5日(月)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第01号
平成30年3月3日08時25分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
阿蘇山では、孤立型微動の回数が急増しています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、孤立型微動の回数が、3月1日以降、1日あたり200回を
超える状況が継続しています。
 また、火山性地震の回数も多い状態で経過しており、火山活動がやや高ま
っています。

 2月27日からの孤立型微動の回数は以下のとおりです。なお、回数は速
報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

          孤立型微動
    2月27日  128回
      28日  123回
    3月 1日  491回
       2日  557回
       3日  176回 (8時まで)

 前線の影響により雨が予想されるため、天候の回復を待って、気象庁機動
調査班(JMAーMOT)による現地調査を実施します。

 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。

 3月2日に実施した現地調査では、火山ガス(二酸化硫黄)の1日あたり
の放出量は、500トンと少ない状態でした。

 地殻変動観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

<防災上の警戒事項等>
 火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は認められませんが、火口内では土砂
や火山灰が噴出する可能性があります。また、火口付近では火山ガスに注意
してください。
-------------------------------------------------------------

火山名 阿蘇山 火山の状況に関する解説情報(臨時) 第02号
平成30年3月3日16時05分 福岡管区気象台発表

<噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意)が継続>
 阿蘇山では、火山性地震及び孤立型微動の多い状態が続いています。

<火山の状況に関する解説情報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 継続 (前の状況:レベル1(活火山であることに留意))
▲阿蘇山・・・・・ 北緯32度53.06分 東経131度06.23分 標高 1592m


<火山の活動状況等>
 阿蘇山では、孤立型微動の回数が3月1日以降増加し、多い状態が継続し
ています。
 また、火山性地震の回数も多い状態で経過しており、火山活動がやや高ま
っています。
 2月27日からの火山性地震の回数、孤立型微動の回数は以下のとおりで
す。なお、回数は速報値であり、精査の結果、後日変更することがあります。

           火山性地震   孤立型微動
    2月27日   206回   128回
      28日   339回   123回
    3月 1日   275回   491回
       2日   279回   514回
       3日   137回   436回 (15時まで)

 火山性微動の振幅は、小さい状態で経過しています。
 GNSS連続観測では、火山活動に伴う特段の変化は認められません。

 明日(3月4日)、気象庁機動調査班(JMAーMOT)を派遣して現地
調査を実施する予定です。

<防災上の警戒事項等>
 火口内で土砂や火山灰が噴出し、火口縁に影響を及ぼす可能性があります。
また、火口付近では火山ガスに注意してください。

<次回発表>
 次の火山の状況に関する解説情報は、4日(日)16時頃に発表の予定で
す。
 なお、火山活動の状況に変化があった場合には、随時お知らせします。
-------------------------------------------------------------

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

  • 1ヶ月予報】が発表されました。
  • 地方気象情報】が発表されました。
    近畿地方 北海道地方 四国地方 東海地方 北陸地方
  • 竜巻情報】が発表されました。
    岐阜県 長野県
  • 土砂警戒情報】が発表されました。
    秋田県 石川県 岩手県
  • 府県気象情報】が発表されました。
    上川・留萌地方 網走・北見・紋別地方 大阪府 岡山県 釧路・根室・十勝地方 京都府 岐阜県 高知県 兵庫県 石狩・空知・後志地方 宮城県 徳島県 奈良県 渡島・檜山地方 滋賀県
  • 火山情報】が発表されました。
  • 河川洪水情報】が発表されました。
  • 季節の便り】が届きました。
    三重 宮崎
mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加