火山情報

        
平成30年4月27日14時00分 福岡管区気象台、、鹿児島地方気象台発表

<薩摩硫黄島に噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意):
警報解除を発表>
 薩摩硫黄島では地震活動が低下し、火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候は
認められなくなりました。
<噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)
に引下げ>

<噴火警報・予報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 引下げ (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲薩摩硫黄島・・・ 北緯30度47.58分 東経130度18.31分 標高 704m

<噴火警報・予報(対象市町村等)>
噴火予報:警報解除 ━━━ 解除 (前の状況:火口周辺警報)
 鹿児島県三島村
<噴火警報・予報(対象市町村の防災対応等)>
活火山であることに留意 ━ 解除 (前の状況:火口周辺警報:入山規制等)
 鹿児島県三島村

<火山の活動状況等>
 薩摩硫黄島では、火山性地震が3月19日及び22日に93回発生するな
ど一時的に増加しましたが、その後は減少し、日回数は概ね10回以下で経
過しました。3月16日に振幅が小さく継続時間が短い火山性微動が発生し
ましたが、その後は観測されていません。
 4月25日及び26日に実施した現地調査では、前回(3月24日及び2
5日)と比較して、わずかな熱異常域の広がりを確認しましたが、火山ガス
(二酸化硫黄)の放出量は1日あたり300トン(前回3月24日、600
トン)でやや少ない状態でした。
 GNSS連続観測などその他の観測データでは、火山活動に伴う特段の変
化は認められませんでした。

 以上のように、薩摩硫黄島の火山活動は低下しており、火口周辺に影響を
及ぼす噴火の兆候は認められなくなりました。

 なお、定期的に発表していた火山の状況に関する解説情報は終了します。

<防災上の警戒事項等>
 活火山であることから、火口内では火山灰等が噴出する可能性があります。
 また、火口付近では火山ガスに注意してください。なお、地元自治体が実
施している立入規制等に留意してください。

<補足事項>
**(参考:噴火警戒レベルの説明)**
【レベル5(避難)】:危険な居住地域からの避難等が必要。
【レベル4(避難準備)】:警戒が必要な居住地域での避難の準備、要配慮
者の避難等が必要。      
【レベル3(入山規制)】:登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制
等。状況に応じて要配慮者の避難準備等。
【レベル2(火口周辺規制)】:火口周辺への立入規制等。
【レベル1(活火山であることに留意)】:状況に応じて火口内への立入規
制等。
(注:避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なる)
-------------------------------------------------------------

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加