TOPICS

TOPICS画像

2024/06/18 01:08

関東甲信地方 18日は激しい雷雨に注意 雨のピークが帰宅時間と重なる可能性あり


関東甲信地方では、18日明け方から夜のはじめ頃にかけて、雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。また、落雷、竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意してください。

画像

前線が華中から九州南部を通り伊豆諸島付近にのびており、前線上の東シナ海には低気圧があって東北東へ進んでいます。この低気圧は発達しながら、18日は西日本から東日本の太平洋側を東北東へ進む見込みです。

関東甲信地方では、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。

雨のピークとなる時間帯が帰宅時間と重なり、交通機関に影響が出る場合があります。また、最新の情報を確認しながら、余裕を持った行動を心がけるようにしてください。

画像

■雨の予想
関東甲信地方では、18日明け方から夜のはじめ頃にかけて、雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。雨雲が予想以上に発達した場合や、発達した雨雲がかかり続けた場合には、警報級の大雨となる可能性があります。

18日に予想される1時間降水量は多い所で、
関東地方北部 30ミリ
関東地方南部 40ミリ
甲信地方 40ミリ
伊豆諸島 40ミリ


17日18時から18日18時までに予想される24時間降水量は多い所で、
関東地方北部 100ミリ
関東地方南部 200ミリ
甲信地方 170ミリ
伊豆諸島 120ミリ

その後、18日18時から19日18時までに予想される24時間降水量は多い所で、

関東地方北部 50ミリ
関東地方南部 60ミリ

■防災事項
関東甲信地方では、18日明け方から夜遅くにかけて、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。
また、落雷、竜巻などの激しい突風に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。降ひょうも予想されますので、農作物や農業施設の管理にも注意してください。

TOPICS画像

2024/06/17 22:56

九州南部、四国地方 あす18日午前中にかけて線状降水帯発生の恐れ


九州南部では17日夜から18日午前中にかけて、四国地方で18日午前中は、線状降水帯が発生して大雨災害発生の危険度が急激に高まる可能性があります。

南西諸島と西日本では18日にかけて、雷を伴った非常に激しい雨や猛烈な雨が降り、大雨となる所があるでしょう。土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

画像

■雨の予想
南西諸島と西日本では18日にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。特に、四国地方では18日は、雷を伴って局地的に猛烈な雨が降る見込みです。
17日18時から18日18時までに予想される24時間降水量は多い所で、

九州南部、四国地方 300ミリ
奄美地方    180ミリ
沖縄、九州北部地方 150ミリ

線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあります。

線状降水帯が発生して大雨災害発生の危険度が急激に高まる可能性のある地域と期間は、

・九州南部
鹿児島県(奄美地方を除く)、宮崎県 17日夜から18日午前中にかけて

・四国地方
高知県、徳島県、愛媛県、香川県、 18日午前中
です。

■防災事項
土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

また、降ひょうのおそれがありますので、農作物や農業施設の管理にも注意してください。

TOPICS画像

2024/06/17 15:52

各地の雨のピークは? 近畿や四国、あす朝の通勤時に、関東は夕方の帰宅時に大雨か 交通機関への影響も


今夜〜あす18日(火)にかけて、梅雨前線上の低気圧が
発達しながら西〜東日本の太平洋側を東進する見込みです。

気象庁は、今夜〜あすの午前中、九州南部や四国地方で
「線状降水帯」が発生する恐れがあると情報を発表しています。

画像

その線状降水帯をもたらす恐れのある活発な雨雲が東へ移動し、
近畿や四国では、あす朝の通勤通学の時間帯に雨のピークが重なる可能性があります。

大雨によって、交通機関に影響の出る恐れもあります。

場合によっては、近畿地方にも線状に連なる雨雲がかかる可能性があり、
今シーズン一番の大雨となる所もありそうです。


画像

さらに、午後になると活発な雨雲は東へ移り、
東日本も日中はバケツをひっくり返したような激しい雨が降る恐れがあり、大雨となりそうです。

特に、関東では夕方の帰宅時間に雨のピークが重なる可能性があります。

帰宅時間に大雨で列車に遅れが出たり、
電車やバスのダイヤが乱れることも考えられます。

あすは、最新の気象情報・交通情報にご注意ください。



画像

【雨のピーク】
九州地方 今夜〜あす未明(午後9時〜午前3時ごろ)
四国地方 あす明け方〜昼前(午前3時〜正午ごろ)
近畿地方 あす朝〜昼前(午前6時〜正午ごろ)
東海地方 あす朝〜昼過ぎ(午前6時〜午後3時ごろ)
関東地方 あす夕方(午後3時〜6時ごろ)
の予想です。

TOPICS画像

2024/06/17 12:12

今夜、暗い時間帯に「線状降水帯」発生のおそれ 九州南部や四国は大雨災害に警戒


梅雨前線が九州南部に停滞しており、
東シナ海にある前線上の低気圧が東進しています。

前線上の低気圧は、あす18日(火)にかけて、発達しながら
西日本から東日本の太平洋側を東進する見込みです。

低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、
南西諸島から東日本では、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。

九州南部では、今夜〜あす18日午前中にかけて、
四国地方では、あす18日の午前中は、線状降水帯が発生して
大雨災害発生の危険度が急激に高まる可能性があります。

画像

あす午前0〜3時の3時間積算雨量を見てみると、
九州を中心に赤色や紫色が見られます。
同じようなところで非常に激しい雨が降り続き、
線状降水帯が発生する可能性があります。

画像

また、午前3〜6時の明け方になると、活発な雨雲が四国に移り、
四国でも線状降水帯が発生して、
大雨による災害の危険度が一気に高まりそうです。

線状降水帯は、夜間〜朝にかけてが発生することが多く、
暗い時間に大雨が降って、一気に周りの状況が悪化することがあります。

大雨が降りはじめてからの避難は危険ですので、
明るいうちに安全なところに避難するようにしてください。

また、家の中に留まる場合は、
家の中でも2階以上で、崖から離れた側の部屋など、
安全なところで過ごすようにしてください。

画像


南西諸島や西日本はあすにかけて、東日本ではあす(火)を中心に、
雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みです。

土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

画像

【雨の予想】(24時間雨量・多い所で)
きょう(月)正午〜あす18日(火)正午まで
  九州南部、四国地方    300ミリ
  奄美地方、近畿地方    180ミリ
  九州北部地方、東海地方  150ミリ
  沖縄地方、関東甲信地方  120ミリ
その後、あす正午〜あさって19日(水)正午まで
  東海地方、関東甲信地方  120ミリ

 線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあります。
 線状降水帯が発生して大雨災害発生の危険度が急激に高まる可能性のある地域と期間は、
 九州南部
  鹿児島県(奄美地方を除く)、宮崎県  今夜〜あす18日(火)午前中にかけて
 四国地方
  高知県、徳島県、愛媛県、香川県 あす18日(火)午前中
です。

【防災事項】
 土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。
 また、降ひょうのおそれがありますので、農作物や農業施設の管理にも注意してください。

TOPICS画像

2024/06/17 11:38

九州北部地方 梅雨入り 平年より13日遅く


きょう17日(月)、気象庁は九州北部地方が「梅雨入りしたとみられる」と発表しました。
平年より13日遅い梅雨入りです。

九州北部地方(山口県を含む)は、前線や暖かく湿った空気の影響で雨の降っている所があります。

この先1週間は、晴れる日もありますが、前線や暖かく湿った空気の影響で曇りや雨の日が多くなるでしょう。

このため、九州北部地方(山口県を含む)は、6月17日ごろに梅雨入りしたと見られます。

平年の梅雨入り 6月4日ごろ

昨年の梅雨入り 5月29日ごろ

画像


梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。
梅雨の時期に関する気象情報は、現在までの天候経過と1週間先までの見通しを基に速報として発表する情報です。
後日、春から夏にかけての実際の天候経過に基づいて、梅雨入りと梅雨明けの時期を総合的に検討し確定しています。

TOPICS画像

2024/06/17 06:56

関東 あすは朝から本降り 梅雨入りを前に大雨警戒


あす(18日)、西から前線上の低気圧が関東を通過する見込みです。あすは各地で雨の一日となり、南部を中心に雨脚が強まるでしょう。局地的に雷を伴い、激しく降る見込みです。東京や神奈川、千葉、茨城には大雨に関する早期注意情報が発表されています。

画像

■ピークはいつ頃?
あすの関東は通勤時間帯の朝から本降りの雨となるでしょう。大雨となるピークは夕方にかけてです。特に、あすの午後は活発な雨雲が通過する見込みで、1時間30mm以上の激しい雨が降るでしょう。長い時間雨が降り続くことが予想されますので、道路の冠水や土砂災害、河川の増水・氾濫など警戒が必要です。

■予想雨量は?
あす(18日)6時〜19日(6時)までに予想される24時間降水量は多い所で、150mmの予想です。

画像

■気温は雨の一日で大幅に低下
予想最高気温は東京22℃、前橋や宇都宮21℃など、朝からあまり気温が上がらないでしょう。千葉県など沿岸部は館山で27℃など気温は雨でも高く、蒸し暑く感じられそうです。

TOPICS画像

2024/06/17 05:34

梅雨入り前から 大雨災害に警戒


きょう(17日)、前線が華中から西日本太平洋側にのびるでしょう。前線上の東シナ海に発生する低気圧があす(18日)は太平洋側を発達しながら東北東へ進む見込みです。前線の活動が活発となり、南西諸島や西日本、東日本は大気の状態が非常に不安定となるでしょう。

画像

■雨の予想
南西諸島と西日本ではあす(18日)にかけて、東日本ではあす(18日)、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。

17日6時〜18日6時までの24時間降水量(多い所で)
  九州南部           250ミリ
  四国地方           180ミリ
  九州北部地方         150ミリ
  奄美地方           120ミリ
  近畿地方           100ミリ
  東海地方、沖縄地方       80ミリ

18日6時〜19日6時までの24時間降水量(多い所で)
  東海地方           300ミリ
  関東甲信地方         150ミリ
  近畿地方、四国地方、沖縄地方 120ミリ
  九州南部、奄美地方       80ミリ

画像

あす(18日)にかけて南西諸島や西日本、そして東日本は太平洋側を中心に大雨に関する早期注意情報が広い範囲に発表されています。まだ梅雨入りしていない地域も、梅雨入りを前に大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。

TOPICS画像

2024/06/16 18:28

九州南部・奄美地方 あさって18日にかけて非常に激しい雨のおそれ 落雷や竜巻などに注意


奄美地方に梅雨前線が停滞しています。あす17日には梅雨前線が北上し、前線上に低気圧が発生して、あさって18日にかけて九州付近を通過する見込みです。
この低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州南部・奄美地方では大気の状態が非常に不安定となるでしょう。

画像

九州南部・奄美地方ではあす17日朝からあさって18日にかけて、非常に激しい雨や激しい雨が降り大雨となるおそれがあります。
また、九州南部・奄美地方ではあさって18日にかけて局地的に積乱雲が発達し、落雷や竜巻などの激しい突風のおそれがあります。

●予想される雨の量(多い所で)
・あす17日に予想される1時間降水量
  鹿児島県(奄美地方を除く) 50ミリ
  奄美地方          30ミリ

・あす17日18時までに予想される24時間降水量
  鹿児島県(奄美地方を除く) 150ミリ
  奄美地方          100ミリ

・あす17日18時からあさって18日18時までに予想される24時間降水量
  鹿児島県(奄美地方を除く) 150ミリ
  奄美地方          120ミリ

■防災事項
 注意事項:土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

TOPICS画像

2024/06/16 18:11

近畿地方 あさって18日は警報級の大雨となるおそれ 土砂災害や河川の増水に十分注意


あさって18日は前線上の低気圧が西日本の南岸を進む見込みです。低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込むため、前線の活動が活発となり、近畿地方では大気の状態が非常に不安定となるでしょう。
 雨雲が予想より発達したり停滞した場合は、近畿地方では警報級の大雨となる可能性があります。

画像

近畿地方では、あさって18日は局地的に雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨が降る見込みです。

●予想される雨の量(多い所で)
・あす17日18時からあさって18日18時までに予想される24時間降水量
  近畿北部 100ミリ
  近畿中部 150ミリ
  近畿南部 200ミリ

■防災事項
低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水に十分注意してください。
落雷や突風に注意してください。

TOPICS画像

2024/06/16 17:55

あすの天気 前線が北上 西日本は天気下り坂に


あす17日(月)は、梅雨前線が西から北上する見込みです。
前線の接近に伴い西日本は次第に天気が下り坂へと向かいそうです。

画像

北海道はあすも大気の状態が不安定となるでしょう。
日中は晴れ間の出る所もありますが、所々で雨雲が発達する見込みです。お出かけには念のため折りたたみ傘があると安心です。

東北は朝まで雨の残るところがありますが、日中は日の差す所が多くなるでしょう。
東日本は次第に雲が広がるものの日中は日差しが期待できそうです。
気温はきょう(16日)より上がる所が多く、東北〜九州にかけて真夏日となる所があるでしょう。
きょう最高気温28.4℃となった東京もあすは32℃の真夏日を予想されています。熱中症に注意して下さい。

西日本では前線の影響で雨が降り出す見込みです。
九州は夕方ごろから、中・四国や近畿は夜から雨が降り出すでしょう。
九州南部では雷を伴った非常に激しい雨のふるおそれがあります。
落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要です。

TOPICS画像

2024/06/16 12:07

上空の寒気が流入 山沿いなど晴れていても急な雷雨の可能性


日本海中部にある低気圧は北東へ進んでおり、北海道付近へと近づいています。この低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むとともに、北日本を中心にあす17日にかけて上空約5500メートルに、氷点下12℃以下の寒気が流れ込む見込みです。

画像

きょう16日(日)は、北日本の日本海側や北陸では次第に雨が降り出すでしょう。局地的に雷を伴った激しい雨や雷雨となる所がありそうです。落雷や突風、降ひょうなどのおそれがあるため注意が必要です。

画像

東日本〜西日本では午後は晴れる所が多いものの、日中の昇温や上空の寒気の影響で大気の状態が不安定となります。内陸や山沿いを中心に局地的な雨雲が発達し、天気の急変をもたらす可能性があるでしょう。
発達した雨雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、身の安全確保に努めてください。

TOPICS画像

2024/06/16 06:30

中国地方、午後は天気の急変に注意 地上の昇温×上空の寒気で大気非常に不安定に


きょう16日(日)の中国地方は
朝から雲の多い天気となる見込みです。

晴れ間の出る所もありますが、
午後は天気の急変に注意が必要となります。

各地の予想最高気温は
岡山32℃、広島や鳥取30℃など
真夏日となる所が多くなりそうです。

熱中症にならないよう、健康管理にお気を付けください。

画像

一方、上空約5500mには、
マイナス9℃以下の寒気が流れ込む見込みです。

湿った空気や上空の寒気の影響により、
中国地方では大気の状態が非常に不安定となるでしょう。

竜巻などの激しい突風、落雷、急な強い雨に注意してください。

発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、
建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

TOPICS画像

2024/06/16 06:20

東北 大気非常に不安定 急な雷雨や竜巻など注意


東北地方では、
きょう16日(日)昼過ぎからあす17日(月)朝にかけて、
竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨に注意してください。

また、ひょうによる農作物や
農業施設等への被害に注意してください。

発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、
頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

画像

日本海中部に低気圧があって北東に進んでいます。

この低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むとともに、
あす17日(月)にかけて、上空に寒気が流れ込むでしょう。

また、日中の気温の上昇の影響も加わり、
東北地方では大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

このため東北地方では
積乱雲が発達し、雷の発生する所があるでしょう。

画像

きょう16日(日)の東北は、日本海側は天気が下り坂で
局地的に雷を伴った激しい雨となりそうです。

太平洋側は晴れ間の出るタイミングがありそうですが
午後はにわか雨や雷雨となる所があるでしょう。

気温も高く、ほぼ全域で真夏日に迫る暑さとなる予想です。

日差しが出ていなくても
暑さ対策を万全にしてお過ごしください。

TOPICS画像

2024/06/16 06:10

北海道 あすにかけて大気非常に不安定 きょう夕方〜夜遅く大雨に十分注意


日本海中部にある低気圧が、
あす17日(月)にかけてサハリン付近へ進む見込みです。

低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、上空には
寒気が入るため、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。

〇雨の予想(いずれも多い所で)

きょうの予想1時間降水量
 日本海側北部    40mm
 日本海側南部    40mm
 オホーツク海側北部 40mm

あす明け方までの予想24時間降水量
 日本海側北部    80mm
 日本海側南部    80mm
 オホーツク海側北部 80mm

日本海側とオホーツク海側北部では、
きょう16日(日)夕方から夜遅くまで
雷を伴って激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。

大雨による低い土地の浸水や土砂災害、
河川の増水に十分注意してください。

低気圧の動向や雨雲の発達の程度によっては、
警報級の大雨となるおそれがあります。

画像

また、北海道地方では、
きょう16日(日)夕方からあす17日(月)にかけて
竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうのおそれがあります。

農作物の管理や屋外の活動などに注意してください。

発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、
頑丈な建物内に移動するなど、安全の確保に努めてください。

画像

きょう16日(日)の北海道は、
朝から曇天で午後から次第に雨が降り出すでしょう。

一日を通して日差しは期待できないものの、
気温はこの時期としては高く、夏日となる所がありそうです。

きょうは暑さ対策も万全にしてお過ごしください。

TOPICS画像

2024/06/15 17:50

あすは広範囲で大気の状態が不安定に 局地的な激しい雨や雷雨に注意


あす16日の朝までに日本海で低気圧が発生し北東に進む見込みです。この低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むとともに、北日本を中心に上空約5500メートルに、氷点下12℃以下の寒気が流れ込むでしょう。また、日中の気温の上昇の影響も加わり、西日本から北日本にかけての広い範囲で、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

画像

■防災事項
 西日本から北日本では、あす16日は、落雷、竜巻などの激しい突風、局地的な激しい雨に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。
 また、降ひょうのおそれがありますので、農作物や農業施設の管理にも注意してください。

TOPICS画像

2024/06/15 15:13

奄美地方 きょう夜にかけて土砂災害に厳重警戒


梅雨前線は、きょう15日は種子島・屋久島地方に停滞し、あす16日にかけて奄美地方へ南下する見込みです。この前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州南部・奄美地方では大気の状態が非常に不安定となっています。

 このため、九州南部・奄美地方では、きょう15日夜のはじめ頃にかけて、非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。奄美地方では、これまでの大雨で地盤が緩んでおり、土砂災害の危険度が非常に高くなっている所があります。また、九州南部・奄美地方では、あす16日にかけて局地的に積乱雲が発達し、落雷や竜巻などの激しい突風のおそれもあります。

【雨の実況】
降り始め(10日11時)からきょう15日10時までの降水量(アメダスによる速報値)
  鹿児島県(奄美地方除く)
    屋久島町小瀬田 148.5ミリ
    屋久島町尾之間 116.5ミリ
    南種子町上中  113.5ミリ
  奄美地方
    伊仙      384.0ミリ
    天城      355.5ミリ
    瀬戸内町古仁屋 305.0ミリ

画像

【雨の予想】
●予想される雨の量(多い所で)
・きょう15日に予想される1時間降水量は多い所で、
  鹿児島県(奄美地方を除く) 50ミリ
  奄美地方          50ミリ

・きょう15日12時からあす16日12時までに予想される24時間降水量は多い所で、
  鹿児島県(奄美地方を除く) 120ミリ
  奄美地方          150ミリ

【防災事項】
 厳重警戒:土砂災害
 警戒事項:低い土地の浸水、河川の増水や氾濫
 注意事項:落雷、竜巻などの激しい突風
 発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

お知らせ

新着情報

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験過去問・講座
  • Yahoo Weather shop
  • メルカリ Weather shop
  • BASE Weather shop

ご案内