予報士通信講座

概要&説明料金についてお申し込み|今日の一問!!

平成19年 第28回 学科試験 専門知識 問5


"気象庁が行っている数値予報における全球数値予報モデルと領域数値予報モデル(以下、それぞれ全球予報モデル、領域予報モデルと呼ぶ)について述べた次の文(a)〜(c)の正誤の組み合わせとして正しいものを、下記の(1)〜(5)の中から一つ選べ。


(a)全球予報モデルは全球を対象として概ね3日先まで(初期時刻21時(12UTC)については週間予報用に約1週間先まで)の予測を行い、一方、領域予報モデルは東アジア域を対象として、全球予報モデルより格子間隔を小さくすることによってよりきめ細かく、概ね2日先までの予測を行っている。

(b)領域予報モデルは、予測を行うのに領域の側面境界の情報が必要であり、その情報は全球予報モデルの予報値から得ている。

(c)同じ初期時刻の予報でも、街域予報モデルと全球予報モデルそれぞれの初期値に用いる客観解析を開始する時刻が異なるため、同じ領域で比べても、モデルに取り込まれる観測データに違いが生じる。"

1.a=正 b=正 c=正
2.a=正 b=正 c=誤
3.a=正 b=誤 c=誤
4.a=誤 b=正 c=正
5.a=誤 b=誤 c=正

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加