地方天候情報

        
少雨に関する九州北部地方(山口県を含む)気象情報 第1号
令和6年1月12日14時00分 福岡管区気象台発表

山口県と福岡県及び佐賀県では、令和5年9月頃から降水量の少ない状態が
続いています。この状態は、今後1か月程度は続く見込みです。農作物や水
の管理等に十分に注意してください。

<概況>
山口県と福岡県及び佐賀県では、令和5年9月頃から台風や低気圧及び前線
の影響を受けにくかったため降水量が少なく、平年の半分以下となっている
所もあります。

<今後の見通し>
向こう1か月程度は、これまでの少雨を解消するような、まとまった雨の降
る可能性は小さい見込みです。

<防災事項>
農作物や水の管理等に十分に注意してください。


<気象官署及び特別地域気象観測所> 
降水量(9月1日から1月11日まで)(速報値)

         総降水量と平年値と平年比(%)
 下関‐‐‐‐‐‐ 310.0 (426.2) (73)
 山口‐‐‐‐‐‐ 284.0 (453.1) (63)
 福岡‐‐‐‐‐‐ 244.0 (458.1) (53)
 佐賀‐‐‐‐‐‐ 198.5 (430.5) (46)

今後の気象情報等に留意してください。

お知らせ

新着情報

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験過去問・講座
  • Yahoo Weather shop
  • メルカリ Weather shop
  • BASE Weather shop

ご案内