地方気象情報

        
雪に関する九州北部地方(山口県を含む)気象情報 第1号
平成30年12月6日10時56分 福岡管区気象台発表

九州北部地方では、7日夜から9日にかけて今季一番の強い寒気が流れ込み、
山地では雪が積もる所がある見込みです。交通機関などは積雪に対する備
えが必要です。

 九州北部地方の上空約1500メートルには、7日夜から9日にかけて氷
点下9度以下の今季一番の強い寒気が流れ込む見込みです。
 このため、7日夜から9日にかけて、山地では雪が積もる所がある見込み
です。
 8日と9日の最低気温は、山沿いや内陸部を中心に氷点下となる所があり、
路面凍結のおそれがあります。また、日中の最高気温は10度以下となり、
平年よりかなり低くなる見込みです。
 ここ数日との寒暖差が大きいため、体調管理にも留意してください。

 雪の季節にむけて、積雪に対する早めの備えが必要です。

「雪に関する九州北部地方(山口県を含む)気象情報」は本号限りです。
  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加