TOPICS

TOPICS画像

2024/05/26 11:27

「台風1号(イーウィニャ)」発生 台風が遠くても週明けは「警報級大雨」に


きょう25日、午前9時にフィリピンで
「台風1号(イーウィニャ)」が発生しました。

画像

「台風1号」は午前9時現在、
フィリピンにあり、ゆっくり北へ進んでいます。
中心気圧は1002hPa、中心付近の最大風速は18m/s、最大瞬間風速は25m/sとなっています。

台風は、今夜から次第に東寄りに進路を変え、
28日(火)〜29日(水)頃は、
暴風域を伴いながら、沖縄の南を北東に進む見込みです。

画像

今の所、台風の直接的な影響はなさそうですが、
28日〜29日頃は、本州付近に前線が停滞する予想です。

前線に向かって、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、
前線の活動が活発になる見込みです。

台風が離れていても、間接的な影響は大きくありそうで、
西〜東日本の広範囲で「警報級の大雨」となる恐れがあります。

画像

西日本では28日(火)にかけて、
東日本は29日(水)頃にかけて、大雨の警報が発表される可能性は【中】で、
今シーズン一番の大雨となる所もありそうです。

大雨による土砂災害や河川の増水などに注意・警戒が必要です。
今のうちに、雨への備えをしておきましょう。

また、今後も最新の気象情報・台風情報にお気を付けください。

TOPICS画像

2024/05/26 08:40

週明け「警報級の大雨」のおそれ 台風に発達予想の熱帯低気圧にも注意


週明けは全国的に荒れた天気となるおそれがあります。

日本の北側を進む低気圧に向かって強い南風が吹いて、
低気圧からのびる前線に向かって暖かく湿った空気が流入し
広範囲で大気の状態が不安定となる見込みです。

28日(火)には、大雨警報の発表される可能性が[中]で
東海〜九州の各地に早期注意情報が発表されています。

画像

週明けは急な雷雨や突風、強風に注意が必要です。

雨が降り続いた場合は警報級の大雨となる可能性があるため
晴れ間の出ている今日のうちに、雨への備えを行ってください。

画像

今朝6時の時点でフィリピン付近をゆっくり北上している
熱帯低気圧は、今後12時間以内に台風へ発達する見通しです。

台風に発達すると、台風1号となります。

本州付近への直接的な影響は小さい見込みですが
暖かく湿った空気を保有しながら北上してくるため
接近前から雨の降り方に気を付けなければなりません。

週明けは天気予報と併せて、最新の台風情報もご確認ください。

TOPICS画像

2024/05/26 06:00

きょう26日(日)の天気 晴れる所が多いが九州は夜から雨


きょう26日(日)北海道の南部〜九州にかけて
日差しの届く所が多くなりそうです。

気圧の谷の影響で明け方に雨が降っている
北海道のオホーツク海側は、午後は天気が回復するでしょう。

沖縄は雨の降りやすい天気が続きます。

画像

北日本は昨日より大幅に気温の上がる所が多い予想です。

札幌の最高気温は昨日より6℃ほど高い
22℃の予想で、寒さが解消されるでしょう。

東日本は多くの地域で25℃以上の夏日となりそうです。

北陸、中部地方では昨日より暑くなる所があるでしょう。

西日本も多くの地域で夏日となる予想で、
九州や山陰では30℃以上の真夏日となる所がある見込みです。

気温差や暑さで体調を崩さないようにお気を付けください。

画像

夜になると低気圧が中国東北区から接近し
あすは前線が日本列島を通過する見通しです。

このため九州は今夜から雨が降り出すでしょう。

お帰りが遅くなる場合は傘を持ってお出かけください。

TOPICS画像

2024/05/25 16:49

週間天気 台風1号や前線の動向に注意 週明け大雨の恐れ


きょう25日15時現在、熱帯低気圧がフィリピンを西北西へ進んでおり、12時間以内に台風1号に発達する予想です。
週明け、この熱帯低気圧から変わる台風や前線の動向によっては、西・東日本で大雨となる恐れもあります。

■台風1号発生へ
きょう25日15時現在、熱帯低気圧がフィリピンを西北西へ進んでおり、12時間以内に台風1号に発達する予想です。
今後、フィリピン付近を北上し、次第に進路を北東へ変えるでしょう。
28日には、暴風域を伴いながら沖縄の南へ進む見込みです。
そして、29〜30日は本州の南を北東へ進むでしょう。
まだ、予報円は大きいですが、大東島や伊豆諸島などに接近する恐れが高まっています。

画像

■週間天気予報
あす26日、沖縄は梅雨前線の影響で雨が降るでしょう。
西日本は高気圧に覆われ晴れるものの、西から天気下り坂。
午後は九州、早い所では四国の一部で雨の降り出す所がある見込みです。
東日本は湿った空気の影響で雲が広がりやすいですが、次第に日差しの届く所が増えるでしょう。
また、気圧の谷の通過で、北海道北部は一時雨の降る所がある見込みです。
日中の最高気温は、九州で真夏日、関東甲信や東北南部で夏日の所があるでしょう。こまめな水分補給をお願いします。

週明けの27〜28日は、日本海の低気圧から延びる前線が本州付近を通過し、全国的に広く雨が降るでしょう。前線通過時には、雨風が強まる見込みです。
また、台風周辺を回る湿った空気が前線に向かって流れ込むと、前線の活動が活発化し、西・東日本の太平洋側を中心に大雨となる恐れもあります。
大東島は台風の接近に伴い、次第に波が高まるでしょう。

29日、東海〜東北にかけて雨が残る見込みです。伊豆諸島では、台風の接近に伴い、波が高まり、雨風が強まる恐れがあります。

30日、本州付近は日差しの戻る所が増え、暑さが戻ってくるでしょう。夏日の所が増える見込みです。

画像

画像

TOPICS画像

2024/05/25 06:20

きょうにも台風1号発生へ 沖縄は梅雨空 日本列島は広く晴天


きょう25日(土)、日本付近は大陸からの移動性高気圧に覆われます。広く日差しが届き、初夏らしい陽気となりそうです。仙台は23℃(前日比−5℃)、東京は26℃(前日比−3℃)など、東北や関東は暑さが和らぐでしょう。一方、東海以西は名古屋や高知28℃、鹿児島30℃など暑さが続きます。熱中症に十分注意してください。

画像

梅雨前線の影響で、沖縄は曇りや雨のスッキリしない空模様が続くでしょう。断続的に雨が降り、雷を伴うこともありそうです。急な強い雨や落雷など注意が必要です。那覇は27℃の予想で、湿度も高く、蒸し暑さが続くでしょう。

画像

沖縄のさらに南のフィリピンには熱帯低気圧があって北上しています。午前6時現在の衛星画像ひまわりの雲の様子をみると、雲が渦を巻いてまとまってきています。このあと発達し、台風になる見通しです。台風となって、週明けの27日(月)以降、進路を東に変えて、日本の南海上へ進む見込みです。

画像

28日(火)には暴風域を伴い、29日(水)には一時的に「強い」勢力に発達する予想です。まだ予報円が大きいですが、沖縄の大東島地方や伊豆諸島など暴風域に入る可能性があり、海上は大しけとなる恐れがあります。今後の情報にご注意ください。

TOPICS画像

2024/05/24 22:48

週明け 西・東日本で大雨の恐れも


週明け、27日(月)〜28日(火)は低気圧が日本海から北海道付近へ進み、低気圧からのびる寒冷前線が日本列島を通過する見込みです。広い範囲で雨が降り、前線や湿った空気の影響で、特に西〜東日本は大雨となるおそれがあります。

画像

大雨の早期注意情報(警報級の可能性)をみると、27日(月)は西日本を中心に、28日(火)は東日本も含めて、大雨警報の発表される可能性が【中】程度となっています。

画像

南の海上からは熱帯低気圧から変わると予想される台風が北上し、日本列島へ近づく予想です。前線が通過するタイミングで南からは非常に暖かく湿った空気が流れ込む可能性があり、前線の活動を活発化する恐れがあります。南寄りの風も強まり、来週前半は雨風ともに注意・警戒が必要となりそうです。

TOPICS画像

2024/05/24 17:01

観測史上最長の黒潮大蛇行 三陸沖の海面水温最大で7℃高く(2024年5月12日〜5月18日 海洋まとめ)


黒潮大蛇行が始まって6年10か月目となり、過去最長期間になっています。
海洋まとめ 2024年5月12日〜5月18日です。

画像

■気圧配置と波
12〜14日、前線を伴った低気圧が沿海州付近からオホーツク海へ進み、日本のはるか東の高気圧との間で気圧の傾きが大きくなった。
12日、日本海で波が高まり、中部で波高4m以上としけた。
14日にかけて、日本の南〜千島近海で波が高まり、13日は、三陸沖で波高4m以上としけた。
16〜17日、日本海の低気圧が北東進。
また、関東の東の低気圧が日本の南〜東に延びる前線上を進んだ。
16日は九州の西で、17日にかけて日本海や日本の東で波が高まった。
低気圧周辺でしけ、16日は日本海西部、17日は日本海中部で波高5m以上となった。

画像

■海面水温
今期末にかけて、日本海域の海面水温は平年並みか平年よりやや高い海域が拡大した。
東シナ海〜南西諸島は、平年並みの状態が継続。
太平洋側は黒潮大蛇行が続き、黒潮が離岸する潮岬沖で平年よりやや低い状態が継続。
黒潮が北上する三陸沖は、平年よりかなり高い海域が続き、最大で7℃高かった。
親潮が後退する北海道南東方沖も平年よりかなり高く、最大で6℃高かった。
オホーツク海や千島近海では平年並みの海域が続いた。

TOPICS画像

2024/05/24 15:56

【最高気温】群馬・桐生34.1℃ 猛暑日一歩手前の暑さに 土日の暑さは?


きょう24日(金)は高気圧に覆われて、晴れた所が多く、西〜東日本を中心に気温が上がりました。


午後3時までの最高気温は、群馬県桐生市で34.1℃と
猛暑日一歩手前の暑さを記録しました。

その他、東京は29℃、名古屋は30.4℃と
いずれも今年一番の暑さとなりました。

一方、北海道の上空には寒気が流れ込んでおり、
北海道の日本海側やオホーツク海側では
日中も一桁の気温が続きました。

北海道宗谷岬では最高気温でも5.8℃と
4月上旬並みの肌寒さとなりました。

画像

あす(土)になると、上空の寒気が東日本にまで南下してくるため、
きょうほどは気温が上がらない見込みです。

しかし、この土日も関東〜西の地域では25℃以上の夏日が続くため、
暑さの対策をしてお過ごしください。

TOPICS画像

2024/05/24 13:30

「台風1号」発生へ 台風1号の発生が遅い年は夏〜秋に台風が多発傾向 週明け本州も警報級大雨のおそれ


きょう・24日(金)正午現在、ミンダナオ島の東にある熱帯低気圧は、
今夜までには「台風1号」に発達する見込みです。

5月まで台風が全く発生しないことは珍しく、
仮に、きょう「台風1号」が発生すると、
2020年以来4年ぶりに、5月の「台風1号」となります。

画像

〇「台風1号」発生が遅い年は、夏〜秋に台風が多く発生する傾向


5月以降に台風が発生する年は、夏〜秋にかけて帳尻を合わせるように
台風が多く発生します。

この10年で5月以降に台風1号が発生した年は
2020年と2016年と2回ありました。

2020年は、5月に1個、6月に1個と台風の発生数は少なかったですが、
8月に8個、9月に3個、10月に6個と、夏〜秋にかけて多くなりました。

また、2016年は7月に台風1号が発生し、
8月は7個、9月も7個、10月は4個とハイペースで台風が発生、
結果、2016年は平年を上回る、計26個の台風が発生しました。


台風1号の発生が遅い年は、特に、夏〜秋にかけての台風の発生に注意が必要です。

画像

〇週明け沖縄に接近か

きょう正午時点の予想進路を見てみると、
あさって(日)にかけてやや発達しながら北西へ進み、
フィリピンの東で向きを東向きに転向する予想です。

週明け27日(月)〜28日(火)頃は、「暴風警戒域」を伴いながら
沖縄・先島諸島や沖縄本島に近づく可能性があります。

北寄りの進路をとった場合は、
沖縄地方に台風の直接的な影響が出る恐れがあり、
今後の予想に十分注意が必要です。

仮に進路の東〜西寄りの進路をとった場合は、
本州付近に近づく前線に向かって湿った空気が流れ込み、
本州付近も警報級の大雨となる恐れがあります。

画像

27日(月)は、九州南部や中国地方で大雨の警報が出る可能性が【中】、
28日(火)は、九州や近畿、東海地方を中心に【中】で予想されています。

今の段階では、台風の北上に伴う雨の予想は加味されていませんが、
今後の台風の進路次第では、さらに警報級の大雨の範囲が
広がる恐れがあります。

今後も最新の大雨の情報や台風情報にご注意ください。

TOPICS画像

2024/05/24 05:54

沖縄・宮古島地方 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に十分注意を


宮古島地方では、これまでに降った雨で地盤の緩んでいる所があります。きょう24日は土砂災害に十分注意してください。

沖縄地方は、梅雨前線の影響で大気の状態が不安定となっています。

画像

■大雨
宮古島地方では、これまでに降った雨で地盤の緩んでいる所があります。24日は土砂災害に十分注意してください。

沖縄本島地方では、24日は多い所で1時間に30mmの激しい雨が降る見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分注意してください。

沖縄本島地方と宮古島地方では、雨雲の発達の程度によっては、再び警報級の大雨となるおそれがあります。

25日6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、

沖縄本島地方 80mm
宮古島地方 60mm

の見込みです。

■雷
沖縄本島地方と先島諸島では、25日にかけて発達した積乱雲の下での落雷や突風に注意してください。

■観測値
降り始め(20日0時)から24日4時までの降水量(アメダスによる速報値)

宮古島地方
宮古島市下里 533.5mm
宮古空港 477.5mm
下地島空港 286.0mm

沖縄本島地方
南城市糸数 275.0mm
那覇市樋川 240.5mm
沖縄市胡屋 233.5mm

八重山地方
石垣市登野城 204.5mm
石垣市川平 178.5mm
石垣市伊原間 151.0mm

TOPICS画像

2024/05/24 02:25

きょう24日の気温 北海道は気温急降下 本州は晴れて真夏日の所も


きょう24日(金)は、北海道付近を低気圧が東進するため、北日本を中心に雨となる見込みです。一方、本州付近は晴れて気温が真夏日に達する所もありそうです。

画像

北海道付近は、上空約5500m付近を、この時期としては強いマイナス21℃の寒気が流れ込む影響で、北海道では気温が急降下します。稚内市では日中の最高気温が8℃と4月中旬〜下旬並みの気温となり、網走市では11℃と前日よりも13℃低い予想です。

お出かけの際は、雨具を用意するだけでなく、暖かい服装を選んで体調を崩さないように心がけて下さい。

一方、東北南部〜西日本にかけては晴れて気温の高い所が多くなるでしょう。特に、埼玉県熊谷市では32℃、福島県福島市では30℃、岐阜県岐阜市では31℃予想と、真夏日となる見込みです。

熱中症にならないよう、屋外で過ごされる方はこまめな水分と塩分の補給を心がけ、室内で過ごされる方は冷房を積極的に活用し、部屋を涼しくしてお過ごし下さい。

TOPICS画像

2024/05/23 19:09

13日は太平洋側を中心に100mmを超える雨に 北日本で季節外れの暑さ 天気と気温のまとめ(5月12日〜5月18日)


5月12日〜5月18日の天気と気温のまとめです。

■気圧配置の特徴
 12日、前線を伴った低気圧が沿海州を東進し、低気圧からのびる寒冷前線が日本海を南東進。別の前線が華南〜九州付近へのびた。

 13日、前線を伴った低気圧が発達しながらオホーツク海を北東進。低気圧からのびる寒冷前線が北海道〜中四国を通過した。

 14日、カムチャッカ半島付近から沖縄の南海上にかけて前線がのび、ほとんど停滞。本州付近は、帯状の高気圧に覆われた。

 15日、前線が日本の南から日本のはるか東にかけて停滞。

 16日、前線が沖縄の南海上〜千島の東へかけて長くのびた。前線上の低気圧が東海沖を北東進。

 17日、千島近海から日本の南海上にかけて前線が長くのびた。

 18日、日本付近は日本の東に中心を持つ高気圧に覆われた。

■降水
 12日、低気圧や前線の影響で西日本中心に雨が強まり愛媛県で大雨警報の発表される所があった。

 13日、北海道から沖縄にかけて全国的に雨に。静岡県や神奈川県西部の山地では総雨量100mmを超える雨となった。

 14日、沖縄は南海上の前線の影響で、広く雨が降った。

 15日、前線や低気圧の接近に伴い、関東〜四国にかけて太平洋側で雨を観測。伊豆諸島では強い雨となった。

 16日、前線上の低気圧の影響で関東や伊豆諸島、東海で午前を中心に雨。東北日本海側や北陸は午後から次第に雨や雷雨となる所が増えた。

 17日、日本海側で大気の状態が不安定に。局地的に雷雨となった。

 18日、沖縄は梅雨入りを思わせる天気に。前線に向かう湿った空気が流れ込み、先島諸島付近では雨雲が発達。激しい雨となった。

■気温
 12日、雨の降った西日本では気温の上りは鈍かった。一方、北海道のオホーツク海側は南風によるフェーン現象が発生。各地で夏日となった。

 13日、前日に夏日が続出した北海道のオホーツク海側は、気温が一変。寒暖差が大きかった。

 14日、最高気温は、東海や西日本で25℃以上の地点が多くなった。大分県日田市では真夏日一歩手前の29.8℃を観測した。

 15日、暖かい空気が流れ込み、各地で気温が上昇。全国で最も上がったのは青森県三戸町三戸で29.2℃を観測。東京都心は4日ぶりの夏日に。

 16日、北陸や東北の日本海側はフェーン現象が発生。新潟県小出で30.2℃を観測した。

 17日、西日本や東海、関東は朝から青空が広がり、前日よりも気温が上がった。

 18日、全国的に気温が上昇。各地で季節外れの暑さとなった。東京都心は今年最高の28.8℃を観測。7月上旬並みの暑さとなった。

画像

■今期間(5月12日〜5月18日)の天候のまとめ
 平均気温は、暖かい空気が流れ込みやすく、東〜北日本を中心に平年より高かった。特に北日本では季節外れの暑さとなり、北海道では平年より5℃以上も高い所があった。一方、西日本は前線や低気圧の影響で雲が多く、平年並みとなった。

 降水量は、全国的に低気圧や前線の影響を受け、平年より高い所が多かった。東〜西日本にかけては平年の2倍以上の雨となった所があった。北海道は比較的雨の日が少なく、オホーツク海側では平年よりかなり少なかった。

 日照時間は、東〜西日本中心に平年並みの所が多かった。東海は湿った空気が流れ込みやすく、日差しが乏しかった。一方、九州は平年より多く、九州北部では平年よりかなり多い地点があった。

TOPICS画像

2024/05/23 17:27

沖縄・石垣島など 今年全国初の「熱中症警戒アラート」発表、今年新設された「熱中症特別警戒アラート」との違いは?


沖縄では、おととい21日(火)に梅雨入りし、梅雨入り早々、大雨となっています。

きょう正午までの72時間雨量は沖縄県宮古島市で498.5ミリと、
5月としては観測史上最も多い雨量を観測しています。



大雨が続く中、きょうは沖縄県の石垣島や西表島など八重山地方に、
今年全国初の「熱中症警戒アラート」を発表されました。

「熱中症警戒アラート」は、これまでにも運用されており、
気温だけではなく、湿度や輻射熱(地面や壁からの照り返しの熱)の効果も加味した「暑さ指数」の値が
観測地点のいずれかで「33」以上になると予想されたときに発表される情報です。

画像

晴れて、空気が乾燥している日よりも、
曇りや雨で湿気が多い日の方が、暑さ指数は高くなりやすくなります。


また、今年4月から始まった「熱中症特別警戒アラート(熱中症特別警戒情報)」は、
これまでに運用されていた「熱中症警戒アラート」より
1段階上の情報で、暑さ指数「35」以上の
極めて危険な暑さが予想されたときに発表されます。

画像

発表の基準は各都道府県ごとに、すべての観測地点で、
「暑さ指数」の予想値が「35」以上の場合に前日に発表されます。

この「熱中症特別警戒アラート」が発表されるときは、
広範囲で過去に例のない危険な暑さが予想され、
人の健康に係る重大な被害が生じるおそれもあります。

普段の熱中症対策では暑さへの対策が不十分であることが懸念されていて、
より一層の対策が必要になります。


〇「熱中症警戒アラート」と「熱中症特別警戒アラート」の違いは?

・「熱中症警戒アラート」
都道府県内の「いずれかの地点」で、
暑さ指数が「33」以上に達すると予想された場合


・「熱中症特別警戒アラート」
都道府県内「全ての地点」で、
暑さ指数が「35」以上になると予想される場合


〇「熱中症特別警戒アラート」が発表された時

広い範囲で、過去に例のない「災害級の暑さ」となる恐れがあります。

「熱中症特別警戒アラート」が発表されている間は、
自ら涼しい環境で過ごすとともに、
高齢者や乳幼児の熱中症にかかりやすい方を
室内など、エアコンが効いた所で過ごせているか確認をしてください。

また、「熱中症特別警戒アラート」が発表されている時は
自治体が「クーリングシェルター(指定暑熱避難施設)」を設けることが義務付けられるようになりました。

※クーリングシェルター(指定暑熱避難施設):
暑さをしのげる場として、冷房設備を有する等の要件を満たすことから指定された公民館や図書館、ショッピングセンターなどの施設。

自宅にエアコンがある場合等、涼しい環境が確保できる際には、クーリングシェルターへの移動は必須ではありませんが、
「災害級の暑さ」が予想される場合は、
クーリングシェルターの情報や市町村から発表される情報も参照するようにしてください。

TOPICS画像

2024/05/23 11:14

今後24時間以内に「台風1号」発生か


きょう23日(木)、カロリン諸島で「台風の卵」となる、熱帯低気圧が発生しました。

午前9時現在、熱帯低気圧の中心気圧は1006hPaで、西へゆっくり進んでいます。

このあと熱帯低気圧は発達しながら北西へ進み、
あす朝までに台風となる見込みです。

このまま台風となった場合は、
今年初めての台風発生となり「台風1号」となります。

画像

沖縄付近には梅雨前線が停滞しています。

過去にも梅雨前線の南側に台風があるとき、
台風周辺の湿った空気が前線に向かって流れ込み、
前線付近で記録的な大雨となったことがありました。

台風が離れた所にあっても、大雨となる可能性がありますので、
今後の台風情報や、大雨の情報には十分ご注意ください。

TOPICS画像

2024/05/23 06:40

5月の満月 フラワームーン 見られる所は?


きょう23日(木)は満月です。北半球では、5月は多くの花が咲く季節であることから、5月の満月は「フラワームーン」と呼ばれています。

画像

いつ頃満月になるかですが、きょうの22時53分に満月となります。きょうの天気分布予想をみてみると、関東から九州の太平洋側を中心に雲に覆われる予想で、あいにくの天気となりそうです。一方、山陰や北陸の日本海側や東北は広く晴れて、「フラワームーン」を見られそうです。

フラワームーンを見る方法は、東に面した高い場所を探しましょう。東向きの海岸ほどよく見られるでしょう。地平線や水平線が開けた場所で観測すると、きれいな「フラワームーン」を見ることができそうです。

TOPICS画像

2024/05/23 05:19

フィリピンの東海上 熱帯低気圧発生か 今後は?


きょう23日(木)、気象衛星ひまわりの雲の様子から、日本列島のはるか南、フィリピンの東海上でまとまった雲がみられます。きょう23日(木)午後9時の予想天気図では、熱帯低気圧が発生する予想となっています。

画像

現時点では、台風まで発達する予想ではありませんが、熱帯低気圧となって北西へ進み、フィリピンへ近づく見通しです。熱帯低気圧はフィリピンへ接近後、さらに北上し、沖縄や日本の南海上へ進む可能性も出てきています。今後の動向に注意が必要です。

お知らせ

新着情報

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験過去問・講座
  • Yahoo Weather shop
  • メルカリ Weather shop

ご案内