予報士通信講座

概要&説明料金についてお申し込み|今日の一問!!

平成13年 第16回 学科試験 一般知識 問9


"下図@〜Dは東西方向にのびる温暖前線をモデル化して、南北方向の鉛直面内での前線面の断面を示したもので、破線は等相当温位線(単位:K)である。
図の×印の位置(緯度、高度ともにすべての図で同じ)での上昇流が最も大きいと考えられるものはどれか、正しい図の番号を一つ答えよ。
なお、×印の位置における等高度面での風向と風速をそれぞれの図の下に記述してある。ただし、温暖前線は東西方向に一様で南北方向に動かないものと仮定する。
また、各図の縦軸、横軸は同一スケールとする。"


1.1が正しい
2.2が正しい
3.3が正しい
4.4が正しい
5.5が正しい

お知らせ

新着情報

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内