予報士通信講座

概要&説明料金についてお申し込み|今日の一問!!

平成17年 第25回 学科試験 専門知識 問7


"台風とハリケーンについて述べた次の文(a)〜(d)の正誤について、下記の(1)〜(5)の中から正しいものを一つ選べ。

(a)台風とは、赤道以北の東経100度から180度の間の北太平洋域に存在する熱帯低気圧のうち、中心付近の最大風速が34ノット(17ms−1)以上のものをいう。

(b)ハリケーンとは、北大西洋・カリブ海域、東太平洋・南東太平洋域に存在する熱帯低気圧のうち、中心付近の最大風速が64ノット(33ms-1)以上のものをいう。

(c)台風やハリケーンは、暖かい海面から供給された水蒸気の潜熱をエネルギーとしており、上陸した後に急速に衰えるのは水蒸気の供給が減少し、陸地の摩擦によりエネルギーが失われるからである。

(d)中緯度の傾圧帯付近で台風が温帯低気圧に構造が変わる過程で、中心付近の最大風速が34ノット(17ms-1)未満になった時点で温帯低気圧となったとしている。"

1.(a)のみ誤り
2.(b)のみ誤り
3.(c)のみ誤り
4.(d)のみ誤り
5.すべて正しい

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加