火山情報

        
平成28年10月18日15時00分 仙台管区気象台発表

<吾妻山に噴火予報(噴火警戒レベル1、活火山であることに留意):警報
解除を発表>
 吾妻山では噴火の兆候は認められなくなりました。
<噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)
に引下げ>

<噴火警報・予報(対象火山)>
レベル1(活火山であることに留意)━ 引下げ (前の状況:レベル2(火口周辺規制))
▲吾妻山・・・・・ 北緯37度44.12分 東経140度14.67分 標高 1949m

<噴火警報・予報(対象市町村等)>
噴火予報:警報解除 ━━━ 解除 (前の状況:火口周辺警報)
 福島県福島市
<噴火警報・予報(対象市町村の防災対応等)>
活火山であることに留意 ━ 解除 (前の状況:火口周辺警報:入山規制等)
 福島県福島市

<火山の活動状況等>
 吾妻山では、2014年12月に、継続時間のやや長い火山性微動が発生
し、その後火山性地震が増加しましたが、2016年5月以降は地震の少な
い状態で経過しています。火山性微動は2015年5月6日を最後に観測さ
れていません。
 地殻変動観測では、2014年秋以降に一切経山付近の膨張を示す緩やか
な変化がみられていましたが、2015年7月頃から停滞または収縮の傾向
になっています。
 大穴火口では、2013年から2015年にかけて地熱域の拡大がみられ、
2015年には大穴火口北西で新たに地熱域が確認されるなど、活発な熱
活動が継続していましたが、2016年7月以降の現地調査で、地熱域の拡
大は認められず、10月11日に実施した現地調査でも特段の変化は認めら
れませんでした。
 これらのことから、吾妻山では噴火の兆候は認められなくなりました。
 一方、大穴火口付近での熱活動は継続していますので、今後の火山活動の
推移に注意してください。

<防災上の警戒事項等>
 山に入る際には、火山ガスに注意してください。また、大穴火口付近で噴
出現象が突発的に発生する可能性があることに留意してください。

<補足事項>
**(参考:噴火警戒レベルの説明)**
【レベル5(避難)】:危険な居住地域からの避難等が必要。
【レベル4(避難準備)】:警戒が必要な居住地域での避難の準備、災害時
要援護者の避難等が必要。      
【レベル3(入山規制)】:登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制
等。状況に応じて災害時要援護者の避難準備等。
【レベル2(火口周辺規制)】:火口周辺への立入規制等。
【レベル1(活火山であることに留意)】:状況に応じて火口内への立入規
制等。
(注:避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なる)
-------------------------------------------------------------

  • 太陽光発電量推算
  • 気象予報士試験スクール・講座
  • 気象予報士の資格取得を一生懸命応援するサイト
  • 気象業務請負、気象予報士派遣、気象予報士スクール運営

ご案内

お知らせ

新着情報

mixi Check  このエントリーをはてなブックマークに追加